日本人の金融リテラシーの低さにビックリ!この問題解ける?

日本人の金融リテラシーの低さにビックリ!この問題解ける?

よく日本人の金融リテラシーは低いと言われますが、それは間違いない事実です。金融リテラシーを測るクイズでも複利に関する問題の正答率が40%程度しかありません。ここまで日本人が金融リテラシーが欠如しているのは2つの原因があります。そして金融リテラシーがないということは人生に大きな影響を及ぼします。ここではあるサイトの金融リテラシーを測るクイズを紹介し、なぜ日本人に金融リテラシーがないのか考えてみます。

草コインはバブル崩壊で終わり?生き残る草コインの特徴とは

草コインはバブル崩壊で終わり?生き残る草コインの特徴とは

去年(2017年)は草コインのバブルがすさまじかったです。何のロードマップも機能もない通貨でさえ高騰していましたが今年はそのような草コインは淘汰されるでしょう。しかしだからと言って草コイン自体が終わった訳でなく、むしろ将来性のあるものは生き残ると思います。ここでは生き残る草コインの特徴は何かを考えてみます。

仮想通貨を安全に保管するならどのウォレット?比較してみた

仮想通貨を安全に保管するならどのウォレット?比較してみた

coincheckの不正出金事件で今ウォレットの重要性が再認識されました。ウォレットにはクライアント型、オンライン型、ハードウェア型、ペーパー型の4種類があります。それぞれのウォレットに長所と短所があります。ここでは各ウォレットを比較して資産を安全に保管するには何がいいのかという事を考えてみます。

PEPECASHウォレット Book Of Orbs の使い方・送金方法

PEPECASHウォレット Book Of Orbs の使い方・送金方法

PEPECASHを保管する場合、Book Of OrbsというAndroidアプリを使う方法があります。これはカウンターパーティー上で発行されるカードを購入してコレクションするアプリですが、PEPECASHを保管するウォレット代わりにも使えます。ここではBook Of Orbsのインストールから設定・ペペキャッシュの送金方法まで解説します。

Lisk(リスク)がbitFlyerに上場!イーサリアムとの違いは?

Lisk(リスク)がbitFlyerに上場!イーサリアムとの違いは?

bitFlyerに新しい仮想通貨が上場することが告知されていましたが、ついに2018年1月31日にLiskが上場しました。Liskはイーサリアムと同じようにスマートコントラクトという機能を持っています。これはブロックチェーン上に契約を記録し、自動で契約を履行するシステムです。しかしLiskにはイーサリアムにない利点などもあります。ここではその特徴について詳しく解説します。

BitZenyがついに2.0にアップデート!その内容とユーザーがすべきこと

BitZenyがついに2.0にアップデート!その内容とユーザーがすべきこと

BitZeny2.0へのアップデートはウォレットの高速化、BTCソースを新しくするなどを目標に有志の方々が開発を進めていました。そして2018年1月27日に正式にアップデートが行われました。今回のアップデートはソフトフォークなので新旧に互換性はありますが、ユーザーがしたほうがいい or やっておくべきことがあります。ここではアップデート内容とともにユーザーがやるべきことを解説します。

coincheckがネム(XEM)不正出金で会見…その会見内容

coincheckがネム(XEM)不正出金で会見…その会見内容

coincheckで約580億円ものネム(XEM)を不正出金されたことを受け、今日の23:30分から和田・大塚取締役によるcoincheckの会見が行われました。不正出金がなぜ起こったのか、なぜネムにマルチシグを実装していなかったのか、コールドウォレットで保管されていなかったのはなぜかなど記者からの追及が激しかったです。ここではその会見の様子をダイジェストでまとめてみました。

SwiftDemandが仮想通貨を発行すると発表 ホワイトペーパーの内容

SwiftDemandが仮想通貨を発行すると発表 ホワイトペーパーの内容

SwiftDemandは民間でベーシックインカム(BI)の実現を目指している組織です。そのSwiftDemandがブロックチェーン上でDAOベースの仮想通貨を作ると発表しました。ホワイトペーパーも発表されています。ここではどのような仮想通貨になるのか、BIをどう実現するのか、今まで貯めたSwitfsはどうなるのかなどをホワイトペーパーを元に解説します。

モナコインにアトミックスワップが実装され高騰

モナコインにアトミックスワップが実装され高騰

現在(2018年1月)モナコインにアトミックスワップという機能が実装されました。これは取引所を介さずに安全に個人間での交換を実現する機能です。これを受け一時1000円までモナコインの価格が高騰しました。ここではアトミックスワップって何?という人のためにこの技術の仕組みを簡単に解説します。

ペペキャッシュ(PEPECASH)って何?将来性と用途

ペペキャッシュ(PEPECASH)って何?将来性と用途

ペペキャッシュは海外版モナコインのような存在です。主な用途はペペカードという供給量に限りのあるカードを購入するために用いられます。かなりネタ要素の強いですが、ペペキャッシュには2つの価格上昇要因があります。ここではペペキャッシュの使われ方とその2つの要因について詳しく解説します。