ハードウェアウォレットは使うべき?メリットとデメリット

皆さんこんにちは komakoma です。

昔からそうですが仮想通貨投資というのは他の投資に比べてより自己責任が求められる投資です。仮想通貨の理念が非中央集権なのでもし損害にあったとしても誰も保証してくれません。

もちろんcoincheckMt.GOXのように取引所がハッキング被害にあった場合はいくらかの保証はあるかもしれませんがどの程度保証されるかは取引所のさじ加減次第です。

一番安全なのはウォレットに保管して自分の手元に仮想通貨を置いておくことですが、中でもハードウェアウォレットはセキュリティが高く今注目を集めています。

ただハードウェアウォレッは安全なのは確かですがデメリットがないわけではありません。

ここでは他のウォレットと比較した場合のハードウェアウォレットのメリット・デメリットについて解説します。

ウォレットの種類

仮想通貨を保管するウォレットには次の4種類があります。

  • オンラインウォレット
  • クライアントウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • コールド(ペーパー)ウォレット

ハードウェアウォレットの利点・欠点を書く前にこの4種類のウォレットについて簡単に紹介します。

オンラインウォレット

これはオンライン上に作られるウォレットのことで次のような特徴があります。

  • 同期不要ですぐに使える
  • オンライン上で秘密鍵を保管

同期というのはブロックチェーンのデータを読み込むことです。この作業はかなり時間がかかりませうが、オンラインウォレットなら同期不要なのですぐ使えます。

ただし2つめの特徴にもあるように仮想通貨の出金に必要な秘密鍵をオンライン上で保管するので、もし秘密鍵が流出した場合自分の資産を失うことになりかねません。

なのでセキュリティは4種類のウォレットの中で一番低いです。

クライアントウォレット

クライアントウォレットはPCやスマホにインストールして使うタイプのウォレットで次のような特徴を持ちます。

  • 同期が必要なのですぐ使えない
  • データ容量をかなり消費する
  • 手元で資産を管理できる

クライアントウォレットはブロックチェーンデータを全てダウンロードする同期作業が完了してからでないと使えません。またデータをダウンロードするので容量も食います。

ただし自分の手元で秘密鍵を保管できる分、オンラインウォレットよりは安全です。

また最近は同期不要のElectrum型ウォレットもあります。

参考記事 : 同期不要のElectrumウォレットとは?

ハードウェアウォレット

これは物理的なデバイスに保管するタイプのウォレットです。特徴は次の通りです。

  • 専用のデバイスが必要
  • ハッキング被害に遭いにくい

ハードウェアウォレットはオフライン上の物理デバイスに仮想通貨を補完し、出金や送金の時だけオンラインにつなぐのでセキュリティは比較的安全です。

ただ物理デバイスなので色々マイナス面もあります。そのマイナス面については後で紹介します。

ペーパーウォレット

別名コールドウォレットと呼ばれていて、紙に秘密鍵と残高を印刷するタイプのウォレットです。次のような特徴があります。

  • 完全オフライン
  • ハッキング被害には絶対遭わない
  • 紙なので紛失のリスク大

紙に印刷するので一切ネットワークにつながらないので、ハッキング被害にあうという事が全くありません。

ただし紙なので焼失・紛失した場合は資産を失うことなるので厳重に保管する必要があります。またペーパーウォレットを人に見せてしまった場合も秘密鍵が知られてしまうので資産を失うリスクがあります。

ハードウェアウォレットの利点・欠点

ここまで4種類のウォレットの特徴について紹介しましたが、この中でハードウェアウォレットは他のウォレットにない次の利点や欠点があります。

利点

その1.秘密鍵を手元に保管できる

ハードウェアウォレットを使うと自分の手元にいつでも秘密鍵を置いておけます。

オンラインウォレットだと秘密鍵ごとサービスなどに預けるので秘密鍵を盗まれたらおしまいです。また悪意のあるウォレットサービスなら最初から秘密鍵を奪うことが目的かもしれません。

そういう心配がハードウェアウォレットには一切ありません。物理デバイスなのでいつでも秘密鍵を自分の手元で管理できます。

その2.必要な時だけオンラインにできる

クライアントウォレットもハード同様、秘密鍵を自分の手元で保管できます。

しかしクライアントの場合は仮想通貨の保管以外にも用途があるので送金時だけオンラインでそれ以外は全てオフラインにするという事が難しいです。

その点初めから仮想通貨の保存のために作られたハードウェアウォレットを使えば、必要な時だけオンラインにできるのでクライアントに比べれば圧倒的にセキュリティが高まります。

その3.ペーパーより紛失リスクが少ない

セキュリティに一番安全なのはペーパーウォレットですが、これを使うと決めた場合はかなり慎重な保管が必要です。

まず紙なので火事などで焼失するリスクや紙の劣化などで秘密鍵が読み出せなくなるリスクがあります。

また実際にあった事件ですがあるアメリカのTV番組でペーパーウォレットを紹介した際、ほんの10秒くらいだけペーパーウォレットのQRコードが映っただけでウォレットのコインが盗まれた事件がりました。

参考URL : http://www.businessinsider.com/bloomberg-matt-miller-bitcoin-gift-stolen-2013-12

TVでペーパーウォレットを見せるなんてことはないと思いますが、紙である以上誰かに見られて資産を奪われるリスクが十分にあります。

一方のハードウェアウォレットなら物理的に保管するというのは同じですが、焼失リスクも低く持っているだけで秘密鍵が盗まれるリスクも少ないです。

欠点

その1.復元が大変

ハードウェアウォレットでは復元の際にリカバリーフレーズというものが必要になります。24個の単語から構成されていて、復元の際はこれを入力しなくてはなりません。

パソコンから入力できるウォレットもありますが、ハードウェアウォレット本体から入力しなければならないタイプもあります。このリカバリーフレーズの入力が大変というのが欠点です。

また24個の単語を忘れてしまった場合、完全にセルフゴックスのような状態になるので気を付けてください。

その2.初期設定しない場合の盗難リスク

ほとんどのハードウェアウォレットでは最初にPINコードの設定とリカバリーフレーズの書き取りがあります。

この時もし悪意のある誰かが初期設定を済ませてPINコードが設定済みだと悪意のある人間のウォレットと同期して資産を簡単に盗まれることになります。

ハードウェアウォレットは本来オフラインにつながず安全なのですが、メルカリなどを使って個人的なウォレットの売買をした場合はこのような被害にあう恐れがあります。

なので必ず正規店で購入しましょう。日本ではEarth Shipという会社が運営しているハードウェアウォレットジャパンが一番信用できる正規店です。

その3.購入費用

物理デバイスである以上購入費用が掛かります。価格としては1万円以上するハードウェアウォレットが多いです。

なので保管する額が少ない場合はハードウェアウォレットを使う恩恵を受けられないので、その場合はクライアントウォレットで十分だと思います。

しかし自分がこの仮想通貨は将来必ず価値を持つと信じていて大切に保管したいという場合は必要な時以外オフラインにできセキュリティも高いので一万円以上の価値があるかもしれません。

費用について安いか高いかと思うのは個人次第だと思います。

ハードウェアウォレットは使った方が良い

ここまで紹介したようにハードウェアウォレットには次のような欠点があります。

  • 復元が面倒
  • 初期設定しないと盗まれるリスクがある
  • 購入費用が高い

このような欠点がありますが、復元が面倒なのは資産を安全に保管できることに比べればあまり大したことでなく、初期設定せず盗難されるリスクも正規店から購入してしっかり初期設定すればまずありません。

また価格は1万円以上しますが、高いセキュリティをその値段で買えると思えば安いかもしれません。

その上ハードウェアウォレットは次のような利点があります。

  • 秘密鍵をいつでも手元に保管できる
  • 必要な時だけオフライン・オンラインの切り替え可能
  • ペーパーウォレットより紛失リスクが少ない

利便性ではクライアントウォレットに負けるかもしれませんが、資産を安全に保管したいならハードウェアウォレットが一番です。

なので結論としてはハードウェアウォレットが使えるなら絶対使った方が良いです。

正規店で買えるハードウェアウォレットの紹介

日本ではハードウェアウォレットジャパンというところが正規店です。

ここでは主に次のハードウェアウォレットを販売しています。

Ledger Nano S

価格 : 15,800円

サイズ : 98mm(高さ)x 18mm(幅)x 9mm(厚み)

重量 : 16.2g

これは複数通貨に対応したUSB型のウォレットです。USB型で重量がたったの16.2gなのでどこにでも持ち運びできます。

このウォレットは主要仮想通貨の中でも次の通貨に対応しています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • Zキャッシュ
  • ダッシュ
  • リップル

これ以外の主要通貨も含めて全部で27種類の仮想通貨に対応しています。

また必要な時にオフラインできるのに加え、次の機能がついているのでセキュリティも高いです。

  • Screen 2FA(2段階認証)
  • FIDO U2F 2段階認証
  • マルチシグ送金可能

2つの二段階認証が選べ、その中でもFIDO U2Fは国際的な2段階認証の国際基準でGoogleなどでも使われている信頼性の高い技術です。

Leger NanoはフランスのLeger社が販売していますが正規店でLeger Nano Sを購入した場合は日本語サポートが付くので正規店で買うのが確実です。

まとめ

ハードウェアウォレットは必要なときだけオフラインにできるのでクライアントウォレットより安全性が高く、送金もオンラインにつなげば楽にできるのでペーパーウォレットより利便性は高いです。

クライアントとペーパーのいいとこ取りをしたようなウォレットなので資産を厳重に保管したいなら使った方が良いと思います。

以上ハードウェアウォレットを使うべきかという事とその利点と欠点について紹介しました。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする