仮想通貨ウォレットによくある誤解・勘違い

皆さんこんにちは。

仮想通貨を購入またはマイニングしたとき、それを保管するのにウォレットが使われます。

ウォレットの種類もインストールするタイプのクライアントウォレットからハードウェアウォレットやペーパーウォレットなど様々です。

そんな仮想通貨にとって身近なウォレットですが勘違いや誤解も多いです。

そこでここではウォレットによくある勘違いや誤解とウォレットはどのようなものなのかについて解説します。

ウォレットによくある誤解集

その1.ウォレットに仮想通貨が入っている

ウォレット(財布)という名前がついているので現実世界の財布のようにウォレットの中に仮想通貨が入っていると思うのは自然な考えです。

しかし実際はウォレットには仮想通貨は一枚も保管されていないです。

え、じゃあどこに仮想通貨は保管されてるの?

と思った人もいるかもしれませんが、そもそもウォレットで保管しているのは次の3つの情報です。

  • アドレス
  • 公開鍵
  • 秘密鍵

まず「アドレス」はウォレットで他の人からコインを送ってもらうために必要なもので銀行の口座番号のようなものです。

ビットコインの場合は次のように1または3から始まる27~34文字の英数字から成り立っています。

1BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmmsEfWrGnr

次に「公開鍵」ですが、これはアドレスを作る元になる鍵のことです。

アドレスと同じく複数の文字から成り立っていて世界中の全ての人に公開されています。これが他人にばれたとしても不正出金されるという事はありません。

そして「秘密鍵」はこの公開鍵に対応するものです。

これは自分以外の誰にも知られてはいけない情報です。この鍵を所有している人がブロックチェーン上でアドレスに対応するコインを動かすことができます。

ここまでで紹介したウォレットで管理している情報と役割を簡単にまとめると次のようになります。

情報 役割
アドレス 送金に必要
全ての人に公開される
公開鍵 アドレスの生成に必要
誰かに知られてもOK
秘密鍵 他人への送金に必要
誰かに知られたら終わり

このようにウォレットはアドレスと公開鍵と秘密鍵の保管をしているだけでウォレット内部で仮想通貨を保管しているわけではありません。

仮想通貨を他人から自分、自分から他人に移動するために使われるツールだと言えます。

ただしウォレットは仮想通貨を保管するためのものではないですが、秘密鍵を他人に知られると仮想通貨の所有権を奪われることになるので秘密鍵の管理だけは厳重にしてください。

その2.ウォレットのある端末を紛失したら取り戻せない

ウォレットが管理しているのはアドレスと公開鍵と秘密鍵です。

なのでクライアントウォレットをインストールしたPCやスマホが故障したり、紛失したりしたとしても仮想通貨がなくなるわけではないです。

仮想通貨はなくなったわけではなく、ブロックチェーン上でアドレスと結びつけられていつまでも存在し続けます。

なので秘密鍵さえバックアップしていればウォレットのある端末をなくしたとしても所有権を取り戻すことができます。

ウォレット(オンラインウォレットを除く)には必ず秘密鍵を表示する機能があるので新しいウォレットをインストールしたら秘密鍵をUSBや紙などのオンラインから切り離したものに記録して絶対に忘れないようにしましょう。

その3.ハードウェアウォレットはハッキングされない

最近はユーザーのセキュリティ意識が高まってきたのかハードウェアウォレットを購入してそこに保管する人も増えてきています。

送金時などにしかオンラインにつながらないのでセキュリティ的にはかなり安全です。しかしそれでもハッキングの被害にあうリスクはあります。

それは正規代理店以外でハードウェアウォレットを購入したときです。

ほとんどのハードウェアウォレットでは最初にPINコードの設定とリカバリーフレーズの書き取りがあります。

この時もし悪意のある誰かが初期設定を済ませてPINコードが設定済みだと悪意のある人間のウォレットと同期して資産を簡単に盗まれることになります。

ハードウェアウォレットは本来オフラインにつながず安全なのですが、通販サイトなどを使って個人的なウォレットの売買をした場合はこのような被害にあう恐れがあります。

なのでハードウェアウォレット必ず正規店で購入しましょう。日本ではEarth Shipという会社が運営しているハードウェアウォレットジャパンが一番信用できる正規店です。

まとめ

ここで紹介したウォレットによくある誤解をまとめると次のようになります。

  • ウォレットには仮想通貨が入っている
    ⇒アドレスと公開鍵と秘密鍵を管理しているだけで仮想通貨自体が入っているわけではない
  • ウォレットのある端末を紛失したら取り戻せない
    ⇒秘密鍵さえバックアップしていれば復元可能
  • ハードウェアウォレットはハッキングにあわない
    ⇒正規代理店以外で購入していて初期設定していない場合はあう可能性あり

以上ウォレットによくある誤解や勘違いについていくつか紹介しました。正しい認識を持ってウォレットを使いたいですね。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする