ネム(NEM)のPOIがビットコインのPOWより優れている理由

仮想通貨の根幹を支えているのはブロックチェーン技術です。

そのブロックチェーンにブロックを追加する作業がマイニングですが、仮想通貨によってマイニング方式はPOW、POS、POI…と様々です。

一番有名なのはビットコインのPOWですが、これに関してはあまり将来性は無いと考えています。なぜなら手数料やマイニングにかかる維持費が膨大でさらに中央集権的になりやすいという欠点が多く存在するからです。

そしてこのような欠点を補い公平なマイニングを実現するのがネム(NEM)のPOIだと考えています。

ここではPOWとPOIを対比させて、ビットコインのPOWの持つ問題点とネムのPOIの可能性について私なりに少し考えてみたことをまとめます。

POW(Proof Of Work)の問題点

ビットコインが採用しているマイニング方式は「Proof Of Work(略してPOW)」という方式です。これは「仕事の証明」などと訳せます。

文字通り何らかの仕事をすることでブロックの正当性を確かめマイニングするのですが、ここでいう仕事とは「計算」のことです。そして計算をするのは人間ではなくコンピュータになります。

ビットコインの場合は10分に1回ブロックが生成されるので10分おきにある問題が出題されます。そしてその問題の答えを最初に解いた人にブロックを追加する権限が与えられ、ブロック追加に成功するとマイニング報酬が与えられます。

そのため10分に1回熾烈なマイニング競争が繰り広げられます。

このPOWは多くの仮想通貨のマイニング方式として採用されていますが、特にビットコインの場合は次のような問題点があります。

非中央集権化

ビットコインのマイニングには専用の集積回路(ASCI)やGPUが使われます。

ASICやGPUは高価なもので、さらにマイニングアルゴリズムも採掘難易度が変わると変更されるので、そのたびにASICなどを買い替え得なくてはなりません。

そのため個人が気軽に参加できるようなものではなく、大規模なマイニング工場を作れる組織や団体が有利になります。

そこで問題になってくるのが「マイナーの中央集権化」です。

以下の画像は現在(2018年3月6日)時点でのビットコインの各マイニングプールのハッシュレート分布です。

上位5位のプールが全体の70%の比率を占めています。

これによって引き起こされるかもしれないと言われているのが51%攻撃です。

もし仮にこれら5つのプールに悪意があって結託した場合、不正な取引が含まれるブロックを作り、ブロックチェーンを支配できてしまいます。このことを51%攻撃と呼んでいます。

現状ではそういう事も起きておらず攻撃者にもあまりメリットはありませんが、POWにはこのような中央集権化によりネットワークを操作されてしまうリスクがあります。

手数料の増加

マイナーにはマイニング報酬が支払われますが、それは年々減り続けています。

それはビットコインなどのPOWを採用している仮想通貨には半減期と言ってあるブロック高に達すると報酬が減らされる期間があるからです。ビットコインの場合は4年に一度報酬が半額になります。

半減期が到達するたびにマイナーの手取りはどんどん減り続け、ビットコインでは2140年までに報酬は0になります。

「じゃあ報酬が0に近づいて行ったら誰もマイニングしなくなるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、マイナーがいなくなるということは少なくともないです。

なぜならマイナーには報酬の他にユーザーの手数料も支払われます。なのでマイニングする動機自体はなくなりません。

ただ報酬が限りなく少なくなり、手数料しか当てにできなくなるとマイニングの意欲(インセンティブ)が下がり、マイニングする人は少なくなるかもしれません。

そうなると今以上に送金詰まりが起き、手数料も際限なく上がっていくことが予想されます。

手数料が上がり続けるというユーザーにとって嬉しくないことがビットコインのPOW出は起こってしまいます。

一方のPOIは…

一方のPOI(Proof Of Importance)はネム(XEM)で採用されているマイニング方式です。

POIの元になったのはPOS(Proof Of Stake)というマイニング方式です。

POSはPeerCoin(ピアコイン)で最初に採用された方式でPOWのように仕事量によってマイニング報酬が決まるのではなく、自分の保有しているコイン数が多ければ多いほどブロックを追記する権利が得やすくなり報酬も貰いやすいという方式です。

ただこれにも次のような問題がありました。

  • 保有量が多いお金持ちが有利
  • お金持ちがさらにお金持ちになる
  • 古くからコインを持っている人の方が有利

保有量が多いほど報酬が得られやすく、さらにお金持ちが多くのコインを保有することができるので結果的にビットコインのPOWと同じく中央集権的になってしまいます。

そこでネムという仮想通貨で考えられたマイニング方式がPOIです。

POIでは10000XEM以上を持つアカウントに対して重要度スコア(Importance Score)というのが割り振られます。このスコアは次のように算出されます。

  • 誰と取引したか
  • どれだけ多くの取引をしたか
  • どれだけの量を取引したか

実際はこんな大雑把な基準ではなく、様々な計算式を使って数学的に計算されます。詳しい算出方法については以下のリンクで解説されています。

http://nemmanual.net/NEM_Technical_reference_JA/PoI/7_PoI.html

このようにPOIではただ多くのコインを保有していればいいという訳ではなく、多くの質のいい取引をすることでネムネットワークに貢献している人がマイニング報酬が与えられやすい仕組みになっています。

もちろんネムの保有量が10000XEM(現在価格で約30万円)以上を超えていないと参加資格が与えられないというのは敷居が高くマイニングに参加する意欲(インセンティブ)が低くなる原因になってしまいます。

しかしこれからネムが普及していけばこの上限もハードフォークでなくなるかもしれません。

POIは中央集権化しやすくお金持ちに有利なPOW(あるいはPOS)と比べて将来性があるマイニング方式だと思います。

POIを採用しているネムの将来性

一時期ネムは200円ほどまで上昇したことがあります。

しかしcoincheckのネム不正出金事件を受け、ネム自体には何も落ち度がないにもかかわらずネム自体の信用が失われてしまったようで現在35円程度まで下落しています。

しかしここで紹介したPOIというマイニング方式が中央集権化し一部の層に独占されてしまうビットコインのPOWより優れていると理解する人が増えればネムの価値も高まっていくと思います。

またネムは2018年中にカタパルトというアップデートをする予定です。

このアップデートにより1秒間に扱える取引量は4000件/秒まで増え、他の主要な仮想通貨の中でもかなり取引速度が速くなります。

詳しい情報は以下のツイッターアカウントで呟かれることがあるかもしれないのでチェックしておきましょう。

ネム公式 : https://twitter.com/NEMofficial

ネムのニュース  : https://twitter.com/Inside_NEM

ネムはcoincheckでも買えますがスプレッドが高いので手数料の安いザイフ(Zaif)がおススメです。

以上ネムの採用しているPOIの方がビットコインのPOWより優れている理由について解説しました。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする