BitPetの遊び方。POPのチャージやペットの育成方法

こんにちは皆さん。

ブロックチェーンは最近あらゆる分野で注目を集めてきている技術です。元々は仮想通貨で最初に使われた技術ですが、将来的にはかなり多くの場所で利用されていくと思います。

そのブロックチェーンの活用分野の1つがゲームです。

最近はブロックチェーンを利用したゲームが増えてきていますが「BitPet」というゲームもその1つです。事前登録を受け付けていましたが、つい最近本格的に稼働し始めたようです。

そこでここではBitPetを遊んでみたのでその遊び方や感想などを紹介しようと思います。

BitPetとは

BitPetはビットペットと呼ばれるペットを育てるペット育成ゲームです。

しかしそのペットはただのデータではなくブロックチェーン上に記録され価値が保証されています。BitPet公式にも次のようにブロックチェーン上でペットデータを管理することが書かれています。

全てのビットペットは、その所有情報と販売履歴が透明に照会・証明されるブロックチェーンの技術に基づくために、ネットが消えない限りなくならない不滅のデジタル生命体です。 ビットペットは常に新しいものを探して挑戦することを好むゲーム専門家、とブロックチェーン技術者が力を合わせて作り上げたものです。 傍から見るとシンプルですが、内部は検証されたいろいろなゲーム成功手法を秘めています。 そのため安定性や拡張性が保障されたゲームシステムを通じて、ビットペットを育成する皆さんはより楽しく臨場感を感じられます。 プレーヤーが増えるにつれ、みなさんが投資しているビットペットがより多くの価値を持つようになります。

ゲームをするのにブロックチェーンの技術を理解する必要はあまりありませんが、どういう技術なのか詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

参考記事 : なぜブロックチェーンはここまで注目されるのか

またゲームにブロックチェーン技術が適用されると次の記事で書いたように運営が不要になります。

参考記事 : ゲームはブロックチェーン化で運営が不要になる

BitPetはこのように運営不要のブロックチェーンゲームの1つです。

このゲームでは独自通貨として「POP」という仮想通貨が使われています。これは同じく仮想通貨であるイーサリアムと1対1の比率で交換できます。

もしBitPetをこれからプレイしようとしている人はイーサリアムが必要です。もし持っていない場合はZaifまたはbitFlyerでイーサリアムを購入する必要があります。(おススメは手数料の低いZaif)

BitPetの登録方法

BitPetを遊んでみたいという人は以下のリンクから登録できます。

BitPetに登録

登録画面に進むと次のようにメールアドレスを入力する項目があるのでまず使えるメルアドを入力してください。この時もし事前登録していたならそのメールアドレスで登録しないと得点を受け取れないので注意してください。

下に進むとニックネームとパスワードの入力項目があるので入力して「会員登録」ボタンをクリックすると仮登録されます。

あとは登録したメールアドレス宛に次のようなメールが届くのでその中にある「メール認証」ボタンをクリックすると登録完了になります。

BitPetの遊び方

実際にプレイして遊んでみたのでその遊び方について解説します。

POPを手に入れる方法

先ほど書いたようにBitPet内ではイーサリアムと一対一の比率で交換できる「POP」というゲーム内仮想通貨が使われています。これはペットを合成したり強化したりなど様々な場面で必要になってきます。

POPを手に入れる方法ですが、まずはゲーム画面のニックネーム名をクリックすると「ETH  ウォレット設定」というメニューが見つかるのでクリックすると入金に使うイーサリアムアドレスとQRコードが表示されます。

このアドレスにイーサリアムを送金してください。着金するとイーサリアムを送った量だけPOPの残高が増えます。

このPOPをペットの育成や購入に使います。

ビットペットの購入

ビットペットを購入するにはメニューからMarketplace(←のようなアイコン)をクリックすると下のようなペットの購入画面が出てきます。

ここで購入したいペットをクリックすると「購入」ボタンがあるのでそれをクリックすると購入確認ダイアログが出てきます。

「購入」ボタンをクリックするとPOPが消費されて、そのペットが自分の所有物になります。購入したペットはメニューからBitPet(←のようなアイコン)をクリックすると確認できます。

ペット同士を掛け合わせると合成できるので2体以上買っておいた方がいいです。

ビットペット育成

メニューからBitPet(←のようなアイコン)に進むとペット一覧が見れます。

そこで購入したペットをクリックするとそのペットの詳細が見れるのですが、その画面でペットに対して次の3つのアクションができます。

「強化」、「販売」、「合成」の3つです。この3つのやり方を次に解説します。

強化

強化とはあるペットを代償にして他のペットのステータスを上げることです。

まず強化したいペットの詳細画面で「強化」ボタンを押して強化画面に進むと、下の方に「ビットペットを選ぶ」というボタンがあるので押します。

そのボタンを押すと強化に使うビットペットが選べるので適当に選びます。

あとは「強化する」ボタンを押すと次のような確認ダイアログが表示されてその内容で問題なければ「強化する」ボタンを再度クリックすると強化が開始されます。

上の画像にもありますが、材料に使用したペットは消滅するので注意してください。また手数料として0.006POPかかります。

合成

合成は異なるペットを掛け合わせて新しいペットを合成することです。このとき強化と違って合成に使用したペットが消滅することはありません。

やり方ですが、ペット画面で「合成」を押すと掛け合わせるペットを選べるのでそこで掛け合わせるペットを選んでください。次の画像のような感じです。

あとは「合成する」を押すと確認ダイアログが表示され、再度「合成する」ボタンを押すと0.008POPを消費して新しいペットが生まれます。

生まれたペットはペット一覧で卵カプセルに入ったような状態で表示されます。上に書かれている時間が孵化までにかかる時間です。

注意点としては強化に使ったペットは一定の間育成ができなくなるという点に注意してください。次の画像のように上に育成が再開できるまでの時間が表示されます。

追記 : 2018年3月7日

カプセルの上に表示されている時間が0になると次の画像のようにカプセルの上に「Click」と表示されます。

上のような状態になったらカプセルを何回かクリックするとカプセルを開封でき、新たなビットペットが誕生します。

誕生したペットは強化の材料にしたり、他のペットと掛け合わせてさらに新しいビットペットを作ることができます。初期投資が必要ですが、掛け合わせで無限にペットが作れるのは面白いですね。

販売

強いペットを育成するとそのペットを販売できるようになるのですが、まだ始めたばっかりなのでこのやり方についてはしばらくしたら更新しようと思います。

皆さんも高値で売れるようなペットを強化や合成で作ってみてください。

まとめ

ここではBitPetでのPOPのチャージ方法やビットペットの育成について紹介しました。面白そうだなと思った方は是非BitPetに登録して初めてみてください。

今の内から強いペットを育てておけば将来高値で売れるかもしれません。

以上BitPetの遊び方でした。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする