Strojがドロップボックスより良い理由【分散型クラウドストレージ】

ファイルストレージと言えばGoogleDriveやDropBoxが有名です。

あと他にはMicroSoft Azureなどもあります。

これらのサービスは企業が管理する集中型のストレージサービスです。

一方で世の中には管理者のいない分散型のストレージサービスというのもあります。

それが今回紹介する『Stroj(ストレージ)』というサービスです。

分散型は集中型に比べ割安で機能も高いです。ここではその利点などを紹介します。

Stroj(ストレージ)とは何か

Strojを一言でいうなら

管理者のいない分散型のクラウドストレージサービス

と表現できます。

クラウドを利用するのは今までと同じです。

違うのは特定のサーバにファイルを保存しないことです。

複数のパソコンに暗号化&分散して保存されます。

そのために使われるのがブロックチェーンという技術です。

Strojで使われるブロックチェーンとは

Strojはブロックチェーンでファイルを保存する機能です。

ブロックチェーンは従来のデータベースにはない特徴があります。

従来の場合データは特定のサーバに保存されます。

次の画像のような感じです。

Wiki:P2Pより引用

中心にサーバがあってクライアントとデータをやり取りします。それは企業や組織のサーバです。

一方ブロックチェーンはP2P型のモデルです。

次のように複数のコンピュータ同士がつながっています。

Wiki:P2Pより引用

システムを管理する管理者はいません。個人同士がデータをやり取りします。

またブロックチェーンは改ざんがとても難しいです。

それはブロックチェーンのデータ構造が次の形をしているからです。

Wiki;ブロックチェーンより引用

上の四角1つがデータの塊(ブロックと呼ぶ)です。ここではファイルを細切れにして暗号化して保存したものと思ってください。そしてそれがチェーン上に連なっています。

ブロック同士はただ単純に繋がっているわけではありません。個々のブロックはその前のブロックのハッシュ値(固有の値)を持っています。

もしあるブロックを改ざんすると変更したブロックのハッシュ値は以前と異なるので後続する全てのブロックのハッシュを変更しなくてはならなくなります。それはほぼ不可能なので改竄耐性が非常に強いです。

Strojはこのブロックチェーンを使ってファイルを保存します。

すると従来のストレージにない次の利点が生まれます。

  • サーバダウンがない
  • ネットワーク速度が速い
  • セキュリティが高くなる
  • 特定の企業や組織にサービスが依存しない
  • 余っているストレージを誰かに貸せる
  • 従来のサービスより料金が安くなる

これだけの利点があります。

ユーザーにとって低価格・高品質のサービスになります。

ストレージの貸し借りの仕組み

Strojの特徴はストレージを貸し借りできるところです。

例えば今までPCの空きストレージがあっても『まだ空き容量があって安心』程度しかユーザーにとってメリットがありませんでした。

Strojでは個人同士でストレージの貸し借りができるようになります。そうなると貸す人と借りる人の両方にメリットが生まれます。

  • 貸す人・・・・ストレージの賃料が入ってきてハッピー
  • 借りる人・・・普通のサービスより安く借りられてハッピー

このサービスでは貸し借りの料金にStrojCoinという仮想通貨が使われています。

StrojCoinについて

Strojで貸し借りをした場合、借りる人は貸す人にStrojCoinという仮想通貨を渡します。これはビットコインのCounterPartyという仕組みの中で発行されるトークンのことです。

StrojCoinの概要は次の表のとおりです。

略称 Stroj
最大発行枚数 5億枚
採掘アルゴリズム Proof Of Resource
ソースコード  Github
チャート  coinmarketcap

StrojCoinはStrojのシステムの中で流通する仮想通貨です。(※もともとStrojCoin X(SJCX)という名前でしたが現在はこの名前に変更されました。)

仮想通貨にはマイニング(採掘)という作業があります。これはブロックチェーンにブロックを追加して報酬を貰う作業のことです。ビットコインなどではマイニングする人をマイナーと呼んでいますがStrojではそういう人をFarmerと読んでいます。

StrojCoinの場合はリソース(ストレージ)を貸し出すのがマイニングになり、その報酬としてStrojが手に入ります。

他のサービスとの料金比較

他と比べて割安になると紹介しましたがどれ位安くなるのか少し計算します。

Strojは1カ月あたり1GB保存するのに0.015ドル(約1.6円)かかります。

同じ月課金型サービスと比べると次のようになります。

サービス名 料金/GB/月
Stroj $0.015(約1.6円)
Amazon S3 $0.023(約2.5円)
Azure $0.030(約3.2円)

Azureと比べると2倍も違います。

では次に無料サービスもあるGDriveとDropbBoxと比較してみます。

GDriveでは無料で15GB、DropBoxは2GBまで無料で借りられます。しかしそれ以上借りようとすると有料プランに加入しなくてはなりません。

その有料プランとStrojを比較してみます。

サービス 年間 料金/GB/月
Stroj 約1.6円
GDrive(100GB) 2500円 約2.1円
DropBox(1TB) 14400円 約1.2円

あのGoogleDriveより割安です。

しかしDropBoxの1TBオプションと比べると0.4円ほど負けています。

じゃあStrojはダメなのかというとそうでもありません。

まずDropBoxは一企業が運営しているので潰れてしまえばストレージもなくなります。またサーバダウンの可能性もあります。

さらに1TBプランは1TB全て買い切る形になります。StrojのようにGB単位で借りることは不可能です。

価格では負けていますが利便性では完全にStojの方が上です。

このようにStrojはかなり割安でストレージを借りれます。

またセキュリティも高く安全です。

今ならStroj登録で25GB手に入る!

Strojは誰でも簡単に登録できます。

登録URL : Stroj登録フォーム

登録フォームが出てくるのでメールアドレスとパスワードを入力してください。

サインアップに成功すると次のメッセージが表示されます。

しばらくすると登録したメルアドに確認メールが届きます。その中のアクティベーションリンクをクリックすると正式に登録が完了します。

今なら一年間25GBを無料で借りることができます。

まとめ

Strojは従来のストレージサービスにない次のような利点があります。

  • ブロックチェーン上にファイルを細切れで保存
  • 低価格・高品質
  • 個人間でストレージを貸し借りできる

個人間で貸し借りできるのが大きな特徴です。ユーザーにメリットが多いので使ってみることをおススメします。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする