MetaMask(メタマスク)の使い方と復元方法

こんにちは皆さん。

MetaMask(メタマスク)はイーサリアムのウォレットで主にChromeなどの拡張機能として動きます。そして拡張機能なのでとても簡単にサクサク使えます。

そこでここではMetaMaskの導入・使い方・バックアップと復元方法について解説します。

MetaMaskの特徴・利点

MetaMaskはChromeブラウザ上で動くイーサリアムウォレットです。

マスコットは狐のお面です。(かわいい)

MetaMaskには次のような特徴があります。

  • ウォレットをいくらでも作れる
  • 新アドレスの取得が簡単
  • ガスを無制限に設定できる
  • ブラウザ上でDappと連携できる
  • EtherDelta取引所を使うのに必要
  • バックアップが簡単

ガスというのは送金時の手数料のことです。

これを高く設定すると送金が速く済みます。

なのでICOなどで使うのに便利です。

またDappを利用するのにもMetaMaskは欠かせません。

Dappとはスマートコンストラクタ上で動くアプリのことです。

そのトランザクションにMetaMaskが使われることが多いです。

なので導入して損することはありません。

その上ここでも紹介しますがバックアップ・復元もすごく簡単です。

MetaMask(メタマスク)の導入

MetaMaskはChrome用の拡張機能です。

FireFoxやOpera用もあるようですがChromeが一番確実です。

なのでここではChromeを使って導入方法を解説します。

ではまずMetaMaskを次のURLからブラウザに追加してください。

MetaMask(Chromeウェブストア)

ADD TO CHROME』を押すとインストールが開始されます。

しばらくして次のダイアログが出てくるので『拡張機能を追加』を押します。

追加が完了するとブラウザ右上にMetaMaskのアイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックしてMetaMaskを開いてください。

初回起動時は最初に次の画面が表示されます。

Accept』を押して同意して次に進んでください。

次に利用規約がずらずらと表示されます。

利用規約は最後までスクロールしないと『Accept』が押せません。

全ての利用規約に同意するならそれを押して次に進みます。

次に出てくるのはパスワードの設定画面です。

最低でも8文字以上のパスワードが必要です。

なるべく推測されにくいパスワードにしましょう。

またパスワードの使い回しなどもしない方が良いです。

入力が完了したら『Create』を押して作成完了です。

次のように新しくアカウントが作られます。

入出金は他のウォレットと変わりません。

慣れるとかなり使い心地はいいです。

MetaMaskの使い方

次にMetaMaskの入出金などの使い方を紹介します。

トップ画面の見方

まずトップ画面の見方です。

MetaMaskのトップ画面は次のようになっています。

左のロゴの隣に表示されているのがアカウント名です。

これはアカウント名をクリックすることで編集が可能です。

そして『SENT』の上に残高とドル換算の残高が表示されます。

アドレスを確認するにはを押すとメニューが出てきます。

そこからアドレスをコピーまたはQRコードが見れます。

送金方法

次に送金の仕方ですがトップ画面の『SEND』をクリックします。

するとアドレスと送金額を入力する画面が出てきます。

入力したら『NEXT』をクリックしましょう。

次に詳細設定画面が出てきます。

次のような画面です。

各項目の意味は次の通りです。

  • Amount・・・送金額
  • Gas Limit・・・送金にかかるガス(手数料)の制限(ガスリミット)
  • Gas Price・・・送金手数料(ガス)
  • Max Total・・・ガスを含めた送金額

ガスというのはマイナーに支払われる送金手数料のことです。

実際の手数料はガスリミットにガス価格をかけて決められます。

なのでガス価格かガスリミットを高くするほど送金は早くなります。

ガスをケチると送金が遅くなったり送金自体が失敗する場合があります。

あまり低すぎる設定にしない方が良いです。

設定に問題ないなら『SUBMIT』を押すと送金されます。

もしトランザクションを破棄したいなら『REJECT』を押しましょう。

MetaMaskのバックアップ&復元方法

MetaMaskはChromeの拡張機能です。

なので削除してしまった場合はウォレットも消滅します。

なので必ずバックアップはとっておきましょう。

特に資産を入れている場合はなおさらです。

バックアップの取り方

バックアップとして秘密鍵をエクスポートします。

まずMetaMaskで『Export Private Key』をクリックしてください。

下の画像のようにをクリックするとその項目が出てきます。

クリックするとパスワード入力画面が出てきます。

ここで設定したパスワードを入力し『Submit』を押してください。

その後次のようにプライベートキーが表示されます。

これを忘れないようにどこかにメモしてください。

オフラインの紙やUSBなどに記録するのが安全です。

これを忘れた場合ウォレットは復元できないので注意してください。

これでバックアップは完了です。

復元方法

次にMetaMaskを復元する方法を解説します。

方法は簡単で先ほどの秘密鍵をインポートするだけです。

ではまずChromeからMetaMaskを追加してください。

手順は先ほどと全く同じです。

ただしパスワードは復元するウォレットのものを使いましょう。

追加が完了したらMetaMaskを開いてください。

そして右上のボタンをクリックしてください。

その中の『Import Account』をクリックします。

そうすると次のような秘密鍵を入力する画面が出てきます。

そこに先ほど記録した秘密鍵を入力してください。

そして『IMPORT』を押せば復元完了です。

実際に復元してみると確かに残高やアドレスが復元されます。

ただ上の画像のようにアカウント名までは復元できないようです。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする