ネム(NEM)のネームスペースとモザイクの役割

皆さんこんにちは komakoma です。

仮想通貨には独自のトークン発行システムを持っているものもあります。

その代表例がビットコインのカウンターパーティーなどです。

しかし大抵は単一のトークン名をつけられるだけです。

ネムの場合はネームスペース上でトークンが発行されます。

そのトークンのことをモザイク(Mosaic)と呼んでいます。

ここではネームスペースとモザイクについて解説します。

ネームスペースとは

ネームスペースとは『名前空間』と訳せます。

この名前空間は名前の集合につく名前のことです。

ネムの場合はトークンの名前です。

例えばあるトークンに mytoken という名前を付けたいとします。

しかしもう既に誰かがその名前を作っていれば取得できません。

そこでネームスペースが役に立ちます。

例えば

Xさんが nameX というネームスペース
Yさんが nemeY というネームスペース

を持てば二人ともその空間内でトークンに mytoken と名付けられます。

ネームスペース自体が違うのでトークン名が被ることはありません。

ネームスペースはネットのドメインのようなものです。

ドメインと同じくネームスペースは一意です。

ある誰かが取得したら他の誰かが同じ名前を取得できません。

そしてネームスペースには次のルールがあります。

階層がある

ネームスペースは階層を持つことができます。

例えば komakoma というネームスペースがあるとします。

その下に最大で2階層までサブネームスペースを持てます。

例えば次のような感じです。

komakoma.blog
komakoma.blog.sub

各ネームスペースは .(ドット) で区切られます。

サブネームスペースは他の誰かと被っても問題ありません。

ネームスペースに使えない名前

次の名前は予約語と言われネームスペース名に使えません。

account, biz, com, edu, gov, info, mil, nem, net, org, user

netとかorgはcomはドメイン名ではトップドメインに使われます。

なので将来の拡張性を意識して予約しているのかもしれません。

またサブネームスペースでも予約語は使えません。

komakoma.comなどは無効な名前になります。

命名規則

ネームスペースを命名するときは次のルールがあります。

  • ルートネームスペースは最大16文字
  • サブネームスペースは最大64文字
  • (a~z,A~Z,0~9)と_(アンダーバー)と-(ハイフン)のみ使用可
  • 先頭は必ずアルファベットから始める

先頭が必ずアルファベットなので例えば 1koma などはダメという事です。

しかし調べてみるとと数字だけのネームスペースもあります。

どうやらlightwalletだと数字からでも取得できるみたいです。

モザイク(Mosaic)とは

ネームスペースは名前集合につけられる名前です。

その名前集合の中で名前を付けられるトークンがモザイクです。

ネームスペース上でモザイクは次の規則で名づけられます。

[ネームスペース]:[トークン名]

例えば komakoma というネームスペースでモザイクは

komakoma:mytoken

などのように名付けられます。

mytokenがモザイク名になります。

モザイク名のルール

ネームスペース同様モザイクにも命名規則があります。

それは次のようなルールです。

  • 最大で32文字まで
  • (a~z,0~9)と_(アンダーバー)と-(ハイフン)のみ使用可
  • 最初の文字はアルファベットのみ

ネームスペースと違うのは大文字アルファベットが使えないことです。

なので MyToken のようなモザイク名は付けられません。

モザイクの設定

モザイクはネム上で発行されるトークンです。

なので当然供給枚数などを設定できます。

主に次のような項目を設定できます。

モザイク名

a~z,0~9,_,-の文字を使って32文字以内

モザイクの説明

作成したモザイクの説明文を設定できます。

最大512文字で日本語なども使えます。

初期供給量

モザイクのどのくらい発行するかの設定です。

供給量をロックすると後で変更できなくなります。

初期供給量は0 ~ 9000000000(90億枚)の範囲内でなくてはいけません。

デフォルトの値は1000になっているようです。

可分性

小数点何桁まで分割できるかの設定です。

例えば 3 を設定した場合は小数点3桁まで分割できます。

設定できる値は0~6までの間です。

0に設定すると小数点以下はなくなります。

譲渡許可

誰でも自由にモザイクを送受信できるかの設定です。

もし値が”true”ならモザイク作者と利用者だけの間でしか送受信できません。

逆に値が”false”だと誰でも自由に送受信が可能になります。

徴収(税金的なもの)

例えばモザイクを誰かが別の誰かに送ったとします。

その時モザイク作者に手数料が入るように設定することもできます。

いわば税金みたいなものですね。

この手数料はNEMでもオリジナルトークンでもOKです。

ネームスペース・モザイク取得にかかる費用

ネームスペースはネム上のドメイン名のようなものです。

なので買い切りでなくレンタルするような形になります。

現在(2018年2月)のレンタル料は次のように定められています。

ネームスペース : 100XEM/年
サブネームスペース : 10XEM/年
モザイク発行 : 10XEM

現在の1XEM=約60円なので6000円です。

ドメインと比べればあまり安くはないですね…

またモザイク発行には10XEMがかかります。

しかし独自トークンを発行できると思えば安いかもしれません。

またネームスペースは毎年更新する必要があります。

期限切れになる1カ月前から更新手続きができます。

もし更新せず他の誰かに取得させてしまうとモザイクは消滅するみたいです。

もしモザイクを作る人は更新は絶対忘れないようにしましょう。

ネームスペースとかの調べ方

どのようなネームスペースやモザイクがあるかは調べることができます。

そのためにはまずNano Walletのインストールが必要です。

Nano Walletをダウンロード

モバイル版もありますがここではデスクトップ版を使います。

インストールしてウォレットを作成したらトップ画面を見てください。

上の画像のように上にメニューがあると思います。

その中の『エクスプローラー』をクリックしてください。

するとエクスプローラーのホームが開きます。

そこで次のように『ネームスペースとモザイク』を選択すると検索できます。

ネームスペースの検索』からネームスペースを検索できます。

例えば『comsa』で検索すると次のような情報が得られます。

一番左がサブネームスペースです。

そして真ん中にモザイク一覧が表示され、右にその詳細が出てきます。

発行枚数や可分性もここで調べることが可能です。

調べてみると色々面白いモザイクも出てきます。

まとめ

モザイクはネム上で発行されるトークンです。

モザイクの特徴としては

  • 異なるネームスペース上で同じ名前で作れる
  • ネームスペースをレンタルして発行する
  • 供給枚数や手数料などを設定できる

などの特徴があります。

特にネームスペースがあるかないかが普通のトークンと異なります。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする