日本人の金融リテラシーの低さにビックリ!この問題解ける?

こんにちは皆さん。

よく日本人は金融リテラシーが低いと言われます。

これは想像とかでなく間違いない事実です。

そう思ったのはある金融リテラシークイズの結果からです。

このクイズの正答率が低すぎてびっくりしました。

それも踏まえここではなぜ日本人は金融リテラシーが低いのか考えてみます。

金融リテラシーを測るクイズ

あるサイトに金融リテラシーについてのクイズがありました。

金融リテラシークイズ

知るぽるとという金融広報中央委員会が作ったサイトのコンテンツです。

問題は5問ですぐできるので皆さんもやってみてください。

実際にやれば分かりますが、一応どんなクイズか紹介します。

あと回答も載せるのでまだ答え合わせしていない人は見ない方が良いです。

問題1

問1.家計の行動に関する次の記述のうち、適切でないものはどれでしょうか。 

① 家計簿などで、収支を管理する 
② 本当に必要か、収入はあるかなどを考えたうえで、支出をするかどうかを判断する 
③ 収入のうち、一定額を天引きにするなどの方法により、貯蓄を行う 
④ 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する 
⑤ わからない
正解.④ 支払いを遅らせるため、クレジットカードの分割払いを多用する

クレジットカードはすぐ買い物出来て便利ですよね。

しかし分割払いを選べばその間高い金利を払い続けることになります。

金融リテラシーの高い人は分割払いやリボ払いは絶対選びません。

問題2

問2. 一般に「人生の3大費用」といえば、何を指すでしょうか。

① 一生涯の生活費、子の教育費、医療費
② 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費
③ 住宅購入費、医療費、親の介護費
④ わからない
正解.② 子の教育費、住宅購入費、老後の生活費

言葉の定義ですね。

こういう言葉の意味を知ってるのも金融リテラシーなのでしょう。

問題3

問3. 金利が上がっていくときに、資金の運用(預金等)、借入れについて適切な対応はどれでしょうか。

① 運用は固定金利、借入れは固定金利にする
② 運用は固定金利、借入れは変動金利にする
③ 運用は変動金利、借入れは固定金利にする
④ 運用は変動金利、借入れは変動金利にする
⑤ わからない
正解.③ 運用は変動金利、借入れは固定金利にする

金利が上がるときは運用は固定金利が有利です。

また借り入れは金利固定の方がリスクが抑えられます。

問題4

問4. 10万円の借入れがあり、借入金利は複利で年率20%です。返済をしないと、この金利では、何年で残高は倍になるでしょうか。

① 2年未満
② 2年以上5年未満
③ 5年以上10年未満
④ 10年以上
⑤ わからない
正解.② 2年以上5年未満

この問題の解説を見ると72の法則に当てはめれば解けると書いてあります。

これは複利で資産が2倍になる年数または金利を求める算式です。

じゃあ72の法則知らないと解けないじゃん!

と思う方もいるかもしれませんが、そんなの知らなくても解けます。

まず単利で何年で2倍になるか考えるます。

単利だと1年で10×0.2 = 2万円分の利息が付きます。

つまり残高が倍になるのは10万円分の利息が付く5年後です。

そして複利は単利より増え方が速いので5年未満だと分かります。

また複利の場合1年目で2万円の利息が付きます。

そして2年目には(10 + 2) × 0.2 = 2万4千円の利息が付きます。

1年目と合わせて利息は4万4千円なので倍になっていません。

なので2年以上5年未満だと分かります。

問題5

問5. 金融商品の契約についてトラブルが発生した際に利用する相談窓口や制度として、適切でないものはどれでしょうか。の選択肢

① 消費生活センター
② 金融ADR制度
③ 格付会社
④ 弁護士
正解.③ 格付会社

格付け会社は金融商品の信用の格付けをする会社です。

なので金融トラブルで相談するのは不適切となります。

このクイズの正答率がすごく低い…

それでこのクイズで驚いたのは正答率の低さです。

全国平均は100点満点中たったの52.2点です。(2018年時点)

また年代・男女別の平均は次のような結果になっています。

年齢 男性 女性
18~29 42.4点 41.0点
30代 50.6点 46.3点
40代 52.3点 50.0点
50代 57.0点 56.0点
60代 60.7点 56.8点
70代 60.1点 53.6点

年齢が若いほど平均点は低くなっています。

問題はそれだけでなく経験を積んだ世代でも平均点が低いことです。

30代以上なら人生経験である程度は金融知識がつくはずです。

しかし30~40代でも50点程度50~70代でも60点程度です。

まさかここまで低いとは驚きです。

また問題別の正答率は次のような結果になっています。

問1 55.1%
問2 47.6%
問3 43.9%
問4 40.6%
問5 73.7%

もしかして用語系の問題で正答率が低いのかと思っていました。

しかし意外にそういう問題は正答率が高いです。

特に問5(金融商品の契約)の正解率は70%を超えています。

三大費用とか格付け会社などの用語は知っている人は多いようです。

一番正答率が低いのは問4の複利に関する問題です。

恐らく複利自体が何か分からない人が多いのだと思います。

あるいは知っていても計算方法を知らないのかもしれません。

単利複利というのは金融知識の基礎です。

これを知らなければ借り入れや投資などでも困ります。

また変な金融商品に騙されるかもしれません。

金融リテラシーの低さは生活の質に直結します。

日本人の金融リテラシーが低いのは間違いありません。

ではなぜ日本人はここまで金融リテラシーが低いか考えてみます。

なぜここまで金融リテラシーが低いのか

考えられる要因は次の2つです。

金融教育の欠如

一番大きい要因はこれだと思います。

そもそも教育の過程で金融知識を教えないのです。

それはなぜかというと金融知識をつけられると困るからです。

金融について学ぶと消費者は賢くなります。

すると銀行も詐欺まがいの金融商品を売りにくいです。

また銀行にお金を預ける人も少なくなります。

それでは銀行の商売が成り立ちません。

また法定通貨(円)そのものについて知られるのも困ります。

皆が円は無条件で信用できると思ってくれた方が都合がいいのです。

関連記事 : 金融封鎖に備えて今できること

そのような理由で学校では金融教育をしないのだと思います。

そもそも従順な労働者を作るのが目的なので金融知識なんて不要です。

日本人特有の考え方

日本人はお金に対して次のような考えを持つことがあります。

お金は汚い
楽して稼ぐのはずるいこと
お金は苦労して稼ぐべき

こういう考えの人間が多いです。

そうなると自分自身が働く以外の選択肢が見つかりません。

お金でお金を増やすなど悪い人がすることなので論外です(笑)

そして汗水たらして働くのが日本人にとっての美徳になっています。

バカらしいことこの上ないですがこれが日本の現状です。

そういう理由でまともな金融知識なんてつくはずがありません。

金融リテラシーの欠如の何が問題か

このように日本人全体に金融リテラシーが欠如しています。

多くの人はいまだに

投資 = ギャンブル・博打
貯蓄 = 健全・安全

のような幻想を抱いています。

これも金融リテラシーの無さがなせる業です。

金融リテラシーのある人なら投資の大切さは分かっています。

間違っても円で貯蓄するのが安全で健全だとは思いません。

そしてリテラシーのある人ほど積極的に投資します。

投資はお金を増やして不労所得を得るものだと思われがちです。

確かにそれは当然そうです。

しかし投資には資産を守る防衛の役割もあるのです。

それを多くの人が知らずに円で貯蓄しています。

実際は貯蓄こそ一番リスクのある資産管理方法です。

これからの時代は

リスクを取らないことが最大のリスク

になります。

そのような時代の中で

銀行にお金を預けるのが安全
お金はこつこつ労働して稼ぐもの

などと言っていては確実に痛い目を見ます。

お金というのは私たちの生活を豊かにするツールです。

しかしその使い方を知らなければ逆に不幸にもなります。

お金に無関心・無教養というのは自らを不幸にすることと同じです。

少しでもお金に興味を持って知識をつけていきましょう。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする