仮想通貨を安全に保管するならどのウォレット?比較してみた

こんにちは皆さん。

私は仮想通貨投資というのは究極の自己責任だと思っています。

なので自分の資産は自分で守る術を持っていなくてはなりません。

その手段の1つがウォレットで仮想通貨を保管することです。

ただウォレットにも様々な種類があります。

ここでは各ウォレットの長所や短所を比較します。

ウォレットの必要性

仮想通貨は他の金融商品と少し異なります。

株や証券なら取引所に預けるだけで問題ありません。

しかし仮想通貨の場合はそれはかなり危険です。

なぜなら取引所には常にハッキングリスクがあるからです。

例えば最近起きたcoincheckのXEM不正出金事件などがそうです。

恐らく大手なので安全だと多くの人が思っていたでしょう。

しかし実際はマルチシグもコールドウォレットもないずさんな管理でした。

最近はセキュリティ強化が進んできています。

それでも取引所には常にGOXするリスクがあることを忘れてはいけません。

安全なのは自分の手元にウォレットで保管することです。

そしてウォレットには次の4つの種類があります。

  • クライアントウォレット
  • オンラインウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

ここではそれぞれのウォレットの長所・短所を紹介し、比較します。

各ウォレットの比較

オンラインウォレット

これはオンライン上に作られるウォレットです。

別名ホットウォレットなどと呼ばれます。

セキュリティの低い取引所ではこれが使われることが多いです。

不正出金事件のあったcoincheckもオンラインウォレットでした。

利点

これを使う利点は次の通りです。

  • 作成が簡単
  • 同期が必要ない

同期とはブロックチェーンのデータをダウンロードすることです。

この作業がないのでオンラインウォレットはすぐに使えます。

また作成もとても楽ですぐに使えます。

短所

一方で次のようなデメリットが存在します。

  • セキュリティが弱い
  • 管理者の持ち逃げリスク
  • サーバダウンで引き出しできなくなる

このようなデメリットが考えられます。

特に常時オンラインなのでハッキングなどのセキュリティ被害に遭いやすいです。

またMt.GOX事件のように管理者に資産を持ち逃げされるリスクもあります。

このようにオンラインウォレットは手軽に利用できる反面、資産を失うリスクが非常に大きいです。

クライアントウォレット

れはPCなどにインストールするタイプのウォレットです。

Qtで作られたBitcoinCoreなどがこれに該当します。

長所

これを使うメリットは次の通りです。

  • 資産を手元に保存できる
  • いつでもウォレットにアクセス可能
  • セキュリティもそこそこ安全

一番のメリットは資産を手元に置いておけることですね。

オンラインウォレットよりは安心感があります。

そして資産の持ち逃げやハッキングにも比較的遭いにくいです。

もし心配ならネット切断で完全オフラインにすることも可能です。

短所

一方で次のようなデメリットがあります。

  • 端末が壊れた場合、資産を失う
  • 同期に時間がかかる
  • データ容量が大きくなる

クライアントウォレットは端末にインストールするタイプです。

なのでその端末が壊れると資産を引き出せなくなります。

実際端末が壊れ多額のビットコインを失った人もいます。

ただそれはウォレットをバックアップすることで回避可能です。

なので小まめにウォレットデータはバックアップしましょう。

また、クライアントウォレットは『同期』という作業が必要になります。

これは今までのブロックチェーンデータをダウンロードする作業です。

これがかなり時間がかかる上に容量を食います。

平気で丸二日や三日はかかります。

データ容量もギガバイト単位で消費します。

なのでもしドライブがいっぱいになったら別のドライブにデータを移すなどした方が良いかもしれません。

ウォレットデータを別ドライブに移す方法については以下の記事をご覧ください。

仮想通貨ウォレットのデータをDドライブなどに移す方法

ただデータ容量や時間を食うのはQtタイプの場合です。

同じクライアント型でもElectrumタイプはデータや時間を消費しません。

なぜならサーバからデータを取ってきて同期するからです。

ただし、Electrumウォレットはその仮想通貨の公式がサポートしている場合だけ使えます。

しかし使える場合はElectrumの方を使った方が良いと思います。

詳しい解説については次の記事をご覧ください。

同期不要のElectrumウォレットとは?

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは仮想通貨保管用のためだけに作られたデバイスのことです。

USBでPCと接続して使用します。

有名なハードウェアウォレットにはTREZORLedger Nanoなどがあります。

現在はこのウォレットの需要が結構高まってきています。

ハードウェアウォレットJapan のような専門店もあります。

このウォレットには次のような長所・短所があります。

長所

これを使うメリットは次の点です。

  • セキュリティが高い
  • ウィルス感染に強い

完全にオフラインなのでハッキングなどに強いです。

またPCがウィルス感染しても暗証番号が揃わなければ送金しないなどの機能もあります。

セキュリティの点ではかなり強力なウォレットです。

短所

ただし次のようなデメリットがあります。

  • 購入費用が掛かる
  • 管理が手間
  • 物理的に紛失・故障する恐れがある

まず物理デバイスなので購入費用が掛かります。

しかもTREZORやLedger Nanoなどは1万円以上の値段です。

決して安くはない値段ですよね。

また、ウォレットごと紛失して資産を失うリスクもあります。

またクライアント型と違い、バックアップも面倒です。

ペーパーウォレット

別名をコールドウォレットと呼びます。

これは紙にアドレスと秘密鍵を印刷して仮想通貨を保管するタイプです。

その長所と短所は次の通りです。

長所

これを使うメリットは次の点です。

  • ハッキングの心配が一切ない
  • 長期保存に向いている

ペーパーウォレットは恐らく最もセキュリティが高いです。

なぜなら完全にオフラインだからです。

ハッキングの心配などする必要がありません。

短所

しかしセキュリティが強固な代わりに次の欠点があります。

  • 火災や盗難で紛失する可能性
  • 紙の劣化で復元できなくなることがある
  • 残高の引き出しに時間がかかる

物理的なものなので紛失リスクが高まります。

さらに印刷されている紙自体の劣化でデータが読み出せなくなることもあります。

また、紙なので実際のデータに戻すのも一苦労です。

なのでペーパーウォレットを使う場合は、かなり厳重に保管する必要があります。

どのウォレットを使うべきか

セキュリティ的な強さでウォレットを並べると

ペーパー > ハードウェア > クライアント > オンライン

のような順番になります。

そして利便性で比較すると

オンライン > クライアント > ハードウェア > ペーパー

のような順番になります。

セキュリティが高いほど利便性は低くなるようです。

また、セキュリティが高くても紛失のリスクが大きくなっては意味がありません。

なのでセキュリティと利便性のバランスの取れたクライアント型が一番使いやすいと思います。

ただ本当に大事な資産があって保管も厳重にできるならハードウェアやペーパー型を使うのもありかもしれません。

セキュリティと利便性、紛失リスクの大きさなどを考えてウォレットは選びましょう。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする