Lisk(リスク)がbitFlyerに上場!イーサリアムとの違いは?

こんにちは皆さん。

bitFlyerには一月中に新しいコインが上場すると告知されていました。

どのコインが上場するのか気になっていた人も多いと思います。

そしてついに今日(2018年1月31日)そのコインが上場されました。

上場されたのはLisk(リスク)

発端はbitFlyerの加納雄三社長のツイートです。

10000フォロワー達成キャンペーンのついでみたいに書いてあります(笑)

このツイートでどのコインが上場されるか色々憶測が飛びました。

候補としてはBTGやネムやリップルやモネロ・リスクなどと予測されていました。

そして今日実際に上場されたのはLisk(リスク)でした。

↓Lisk上場を知らせるツイート

そして案の定Liskが急騰しています。

↓の画像が今日(2018年1月31日)のLiskのチャートです。

やはり取引量の多いところに上場すると高騰しますね。

ではこのLiskはどのような機能を持つのでしょうか。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Liskの機能

まずLiskの概要ですが次の表のとおりです。

Liskの概要
略称 LSK
取引開始日 2014年01月18日
発行上限枚数 無制限
ブロック生成時間 約11秒
マイニングアルゴリズム Delegated POS

ビットコインなどと違い発行枚数に上限はありません。

またマイニング方式はProof Of Stakes(POS)を採用しています。

これはコインの所有数に応じて採掘量が変わる方式です。

それでLiskの機能ですが主機能はスマートコントラクトと呼ばれるものです。

これはイーサリアムで最初に採用されました。

スマートコントラクトを一言で表すなら

ブロックチェーン上に契約を記録し、自動で契約履行する機能

と表現することができます。

これを使うことで通貨にアプリ的な機能を付加することができます。

例えば次のようなやり取りが可能です。

アプリ開発者(またはソフトウェア開発者)のXさんがいます。

Xさんは自分の作ったアプリを有料で販売したいとします。

従来はアプリなどを販売するには特定のプラットフォームが必要になります。

そして場所代として利用費を払わなければなりません。

また、アプリが売れたとしても何%かは手数料としてとられてしまいます。

そこでXさんはイーサリアムのスマートコントラクトを使い、

Xさんに0.001ETH払えばアプリをダウンロードできる

というプログラムを記述しました。

そしてYさんはXさんに0.001ETH払うことでアプリを購入することができます。

このように特定のプラットフォームに手数料を払うことなく自由に販売ができます。

この機能がLiskにも実装されています。

しかしこれだけだとイーサリアムと何ら変わりありません。

イーサリアム(ETH)と異なる点は?

Liskがイーサリアム(ETH)と異なるのは次のような点です。

開発言語にJavascriptを利用している

Liskは軽量スクリプト言語のJavascript(JS)で開発されています。

より正確にはサーバーサイドで動くNode.jsというJS環境で動いています。

このJavascriptという言語はプログラマーの間ではメジャーです。

その上スクリプトなので習得も容易な言語です。

そのためLisk開発に多くのWebプログラマーが参加しています。

一方のETHですがスマートコントラクトの記述にSolidityという独自のプログラミング言語を使用しています。

そのため一からその言語を覚えなくてはならず開発しづらいです。

なので開発環境的にはLiskの方が恵まれています。

サイドチェーンの使用

どこにスマートコントラクトを記述するかもLiskとETHで違います。

ETHではメインチェーン、Liskではサイドチェーンに記述しています。

ETHではメインチェーンに記述したために問題が起こりました。

それが結果的にハードフォークを起こす原因にもなっています。

しかしLiskの場合はサイドチェーンに記述しています。

そのためサイドチェーンで問題が起きてもメインチェーンに影響はありません。

なので重大な問題が起きてもハードフォークが起きません。

ハードフォークが起きずらいというのがLiskの利点です。

またサイドチェーンを使用することで処理能力の向上が見込めます。

Liskの将来性

スマートコントラクトと言えばETHというのが現状です。

しかしLiskには

  • 記述子やすいJavascriptを使用している
  • サイドチェーン利用で安全性が高い

などイーサリアムにない利点があります。

そして時価総額も3000億円程度です。

一方のETHの時価総額は11兆円とかなり差があります。

なのでまだまだ成長する見込みはありそうです。

なぜbitFlyerに上場したのか

今回bitFlyerにLiskが上場しました。

なぜ上場したかの正確な理由は分かりません。

スマートコントラクトという機能ではもう既にイーサがあります。

そしてLiskのメイン機能もスマートコントラクトです。

しかしそれでもLiskが上場したのはファンが多いからかもしれません。

実際上場前にもLiskが上場するのではという意見は多かったです。

その声を受けてbitFlyerもLiskを上場したのかもしれません。

今回の上場でさらにLiskに関心が集まりそうです。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする