coincheckがネム(XEM)不正出金で会見…その会見内容

皆さんこんにちは。

今日(2018年1月26日)驚くようなニュースが入ってきました。

coincheckでXEMが580億円分不正送金されたようです。

coincheckと言えば日本の取引所の中では大手です。

そこがこのような事件を起こすのは仮想通貨全体に悪影響は避けられません。

そして同じ日coincheckの会見が行われました。

その会見でこの事件の説明がcoincheck側からなされました。

ここではその会見の内容をまとめます。

今回の事件の概要

ネム(XEM)はcoincheckで扱われている主要コインの1つです。

2017年末に急騰したことで話題になりました。

時価総額も高く最近注目を集め始めていた仮想通貨です。

今回coincheckから不正出金されのがこのネム(XEM)です。

およそ日本円で580億円相当が不正出金されたようです。

これをネムに換算すると約5.4億枚ものXEMになります。

不正出金の疑惑が出始めたのはcoincheckの次のツイートです。

そしてその6時間後にはBTC以外の売買が停止されました。

次がその時のツイートです。

その1時間後には入金も停止されています。

現在もビットコイン以外の売買ができないようになっています。

coincheckの会見

そして今日の夜(2018年1月26日23:30)からcoincheckの会見が始まりました。

会見に答えたのは次の3名の方です。

  • 和田晃一良代表取締役
  • 大塚雄介取締役
  • 専属弁護士

会見の様子はamebaTVで放送されました。

会見では主に次のようなやり取りがされました。

※記者は(記), 和田代表取締役は(和), 大塚取締役は(大)で省略

状況説明

冒頭で大塚取締役が今回の件について説明しました。

大塚取締役によると次のようなタイムラインだったそうです。

2018年1月27日

午前3時 : 不正出金を感知(アラート?) 

午前11時 : 残高が大きく減っていることに気づく 

午後12時 : ネムの送金を中止 

午後16時 : 全通貨の送金・出金を停止

取締役によると残高の異常を知らせるアラートはあったそうです。

しかし会見ではどの時点でアラートが鳴ったかは不明と言っていました。

被害に遭ったのは今のところネムだけのようです。

そして現在は警視庁に報告し、ネム財団と協力して追跡を行っていると話していました。

マルチシグの実装

不正出金された原因となったマルチシグの未実装について次のような問答がありました。

(記) : なぜマルチシグを実装していなかったのか?
(大) : 実装する予定はあったが間に合わなかった

(記) : マルチシグ実装のロードマップは無かったのか
(大) : あったが具体的な実装日時は未定だった

(記) : 他の通貨でマルチシグ実装はあったのか
(大) : ビットコインについては実装済み

(記) :ネム財団にもマルチシグ実装を推奨されていたが...
(大) : やらなければならない認識はあった

セキュリティの甘さについて

会見では度々記者からセキュリティの甘さを追及されていました。

(記) : なぜコールドウォレットで保管していなかったのか
(大) : コールドウォレットによる管理も予定していた
(記) : ならなぜ実装しなかったのか
(大) : 人材が足りず難易度が高かったから

(記) : なぜウォレットなどの手間を惜しんだのか
(和) : 深く反省している。人材が足りなかった


(記) : 他の通貨はコールドウォレットに対応していたか
(大) : ビットコインとイーサリアムは対応済み

(記) : 顧客の資産を預かる立場としてセキュリティが甘すぎでは?
(大) : その通りだができる限りのことはやっていた

補償について

(記) : 不正出金された分は全額補償されるのか
(大) : 対応方法を検討中
(記) : ネムまたは円のどちらで補償するのか
(大) : 未定
(記) : どのようなタイミングで補償されるのか
(大) : それも未定

出金停止について

日本円まで出金停止されていることについての追及もありました。

(記) : キャッシュ(日本円)の出金停止はなぜ?
(大) : どのような対応が顧客に最適なのか検討中
(記) : キャッシュだけでも引き出せるべきでは?
(大) : そこも検討したうえで対応したい
(記) : キャッシュの出金にリスクがあるのか
(大) : 全体としてどういう決断をするのが最適か検討中

今後の見通し

(記) : 復旧の見通しはあるのか
(大) : ビットコインの売買はあるものの未定

(記) : 補償用の現預金はるのか
(大) : あるのかどうか発表するのは株主などと相談中

(記) : ネム財団と現在どのようなやり取りをしているのか
(大) : 市場に与える影響を考慮してここでは発表を控える

利用者に言いたいこと

(記) : 仮想通貨に影響を与えたことをどう思うか
(大) : 仮想通貨全体に悪影響を与え反省している

(記) : 最後にTVを見ている人に言いたいことはないか
(大) : このような状況を招いて深く反省している
(大) : 申し訳ないと思っている(一同頭を下げて謝罪)

まとめ

会見の内容から察するにやはりセキュリティがずさんだったようです。

  • コールドウォレットの保管は難易度が高い
  • マルチシグ実装はロードマップがあったが日時は未定

などの発言がそれを裏付けています。

coincheckはこれから補償で大変なことになりそうです。

今回の件で分かるように取引所に置きっぱなしは危険です。

面倒でもちゃんとウォレットなどに保管しましょう。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする