モナコインにアトミックスワップが実装され高騰

皆さんこんにちは。

最近モナコインにアトミックスワップが実装されました。

この言葉を初めて聞く人もいるかもしれません。

そこでここではアトミックスワップとは何かについて解説します。

モナコインが1000円まで高騰

モナコインは初の国産仮想通貨です。

一時期は2000円まで上昇しました。

しかし年末(2017年)の大暴落を受けモナコインも暴落しました。

一時は500円くらいまで下がってましたね。

しかしあるモナコイナーがモナにアトミックスワップを実装しました。

脇P(@WakiyamaP)さんというモナコイナーで次のようなツイートがありました。

このツイートを見るとMonaDCRとのアトミックスワップに成功したようです。

そしてこれを受けモナコインの価格が急騰します。

次の4時間足のチャートのように一時1000円まで上がりました。

アトミックスワップへの期待感がすごいですね。

ではアトミックスワップとは何なのでしょうか?

アトミックスワップとは

次にアトミックスワップについて説明します。

アトミックスワップを一言でいうと

異なる仮想通貨同士を簡単に交換する機能

のことです。

例えばAさんとBさんがいるとします。

そしてAさんのビットコインととBさんのライトコインを交換するとします。

その場合従来は次の2つの方法で交換していました。

  • AさんとBさんで直接交換
  • 取引所を介して間接的に交換

1つめの方法は相手が信用できる人物でないと持ち逃げされてしまいます。

2つめの方法は確実ですが取引手数料がかかってしまいます。

このどちらの方法にも欠点があります。

その2つの欠点を同時に解決できるのがアトミックスワップです。

この方法を使えばAさんとBさんは確実に交換できます。

例えるとこんな感じです、

AさんはBさんにビットコインの入った箱を送る
この箱を開けるにはBさんの持つカギと箱の鍵が必要

BさんもAさんにライトコインの入った箱を送る
この箱を開けるにはAさんの持つカギと箱の鍵が必要

Bさんがビットコインの入った箱を開ける

それと同時にAさんに箱鍵が伝わる

Aさんも箱を開けてライトコインを手に入れられる

大雑把にいうとこのような仕組みです。

この取引は実際は一瞬で行われます。

なので一方がコインを持ち逃げするという事は不可能です。

このアトミックスワップが行えるのは実装されているコイン同士だけです。

現在アトミックスワップが実装されているのは

Bitcoin, Litecoin, Decred, Vertcoin, Viacoin

の5つだと思います。

これに加えて今回モナコインが追加されました。

実装への反応

ツイッターでは今回の件で次のような反応が見られました。

アトミックスワップについて理解し、期待している人もいます。

一方でよく分からないけどすごい技術と認識している人も多いです。

まとめ

今回のモナコインへのアトミックスワップ実装が高騰の要因になりました。

これが仮想通貨に普及すれば取引所不要でトレードできるようになります。

また仮想通貨以外のものをブロックチェーンに乗せて個人間で交換なんてこともできるかもしれません。

とにかく夢のある技術です。

以上アトミックスワップについて簡単に解説しました。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする