ペペキャッシュ(PEPECASH)って何?将来性と用途

こんにちは komakoma です。

世の中には特定の界隈で使われることを想定した仮想通貨があります。

例えば有名なものは2chで生まれたモナコインなどですよね。

そのモナコインの海外版と言えるのがペペキャッシュ(PEPECASH)です。

ここではペペキャッシュ(PEPECASH)という仮想通貨について解説します。

ペペキャッシュとは何か

ペペキャッシュのイメージキャラクターはペペというカエルです。


↑ぺぺ

ぺぺは『Boy’s Club』というウェブ漫画に登場するキャラクターです。

日本でいう2ch(5ch)の海外版である4chan(電子掲示板)で非常に人気です。

日本でいうところのモナーみたいな存在ですね。

そのキャラクターがモチーフになっているのがペペキャッシュです。

以下はペペキャッシュの基本情報です。

名前 PEPECASH
公開日 2016年09月14日
発行上限枚数 10億枚
種類 トークン
公式サイト Rare Pepe Directory
取扱い取引所 Zaif
Tux Exchange

このトークンはビットコインのカウンターパーティー上で発行されます。

カウンターパーティーとは簡単にいえば

ビットコインなどのブロックチェーンを利用するための仕組み

のことです。

このカウンターパーティーを利用すると独自通貨の発行などができます。

ブロックチェーン上で発行されたペペキャッシュはレアぺぺと呼ばれます。

このレアぺぺはブロックチェーン上の取引の手数料のようなものです。

取引があるたびに流通しているペペキャッシュ全体からPEPECASH FEEが捻出されるという仕組みです。

何に使えるの?

ペペキャッシュはRarepepe.partyでカードを購入するのに使えます。

カードは以下のサイトで閲覧することが可能です。
レアペペディレクトリ

例えば次のようなカードが実際に販売されています。

こういうネタ的な感じのカードばかりです(笑)

ただ価値のついているカードにはかなりの高値がついています。

例えば最初に作られたカードは『RAREPEPE』という次のカードです。

見てわかるようにサトシナカモトをペペ風にしています。

このカードにはなんと50000pepecashというとんでもない値段がついています。

中にはカードの売買で100万円以上稼いだ人もいるらしいです。

このようにペペキャッシュはこの界隈だけで使われるトークンです。

他の実用的なコインのように決済機能などはありません。

しかしカードの売買という用途がはっきりしているトークンです。

ペペキャッシュの将来性

現在ペペキャッシュは9.5円ほどです。

しかし一時は30円に迫ったこともあります。

PEPECASHの最近の週足チャート

一時的とはいえ30円まで上昇したのは可能性を感じます。

またペペキャッシュには次のような価格上昇の要因があります。

要因1.デフレになりやすい

先ほど取引手数料としてPEPECASH FEEが捻出されると書きました。

このFEE(手数料)は別に誰かが貰うわけではありません。

手数料により取り除かれたペペキャッシュは永久に流通しません。

そのため徐々にデフレになっていくという性質があります。

実際もう既に7億枚のうち3分の1(2.3億枚)が手数料として消えたそうです。

ペペキャッシュが使われ続ける限りデフレの価格上昇は止まらないと思います。

要因2.取扱い取引所が少ない

現在ペペキャッシュは次の2つの取引所で扱われています。

Zaif
Tux Exchnage

たった2つの取引所にしか上場していません。

しかもTux Exchangeではほとんど取引がありません。

以下はCoinGeckoのPEPECASHの取引量の内訳です。

上の画像のようにTux Exchnageの取引量はほとんど無視できます。

つまりペペキャッシュはZaifを使っている日本人がほとんど売り買いしているのです。

海外のコインなのに日本人が一番取引しているというのは面白いですね。

このように実質Zaifでしか取り扱っていません。

なので他の取引所に上場すれば価格上昇の可能性があります。

PEPECASHの買い方

ペペキャッシュは日本ではZaifで購入できます。

ここでしか買えないのでまだ登録していないなら登録してください。

ではまず取引画面を開きましょう。

そこに次のようなチャートが表示されている場所があると思います。

そして『BTC/JPY』などと書かれている個所をクリックすると仮想通貨一覧が出てきます。

この時『主要通貨』にペペキャッシュは含まれていません。

次のように『トークン』からペペキャッシュを選択することができます。

あとは日本円またはビットコインでペペキャッシュを購入するだけです。

まとめ

モナコインは当初ただのオタク向けのコインと思われていました。

なのでまさか2000円まで上がると思った人は少ないと思います。

ペペキャッシュも同じようにある界隈だけで使われるトークンです。

さらにデフレしやすく取引所が少ないという要素もあります。

なので価格も低く十分伸びしろがあるような気がします。

興味のある方は少しだけ買ってみるのもいいかもしれません。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする