ローカルウォレットを使うメリット・デメリット

皆さんこんにちは。

仮想通貨を保管するのにはウォレットが使われます。

その中でもPCなどにインストールするタイプはローカルウォレットと呼ばれます。

ここではローカルウォレットの長所と短所を紹介します。

ローカルウォレットとは

ローカルウォレットは別名クライアントウォレットとも呼ばれます。

これは自分のPCやスマホにインストールするタイプのウォレットです。

ローカルウォレットは次の2種類に分けられます。

  • 簡易型
  • 完全型

簡易型は一部のブロックチェーンだけをダウンロードするタイプです。

一方の完全型は全てのブロックチェーンをダウンロードします。

このローカルウォレットにはどのような利点と欠点があるのでしょうか。

次にそれを紹介します。

ローカルウォレットのメリット

ローカルウォレットには次のようなメリットがあります。

セキュリティが高い

ローカルウォレットは取引所などのウォレットと比べセキュリティが高いです。

通常、取引所はオンラインウォレットを使っていて常時オンラインに接続されています。

なのでハッキングなどによる盗難のリスクが高くなります。

一方ローカルウォレットはオフラインとオンラインを切り替えることが可能です。

また取引所と違い、自分自身でセキュリティを強化できます。

なのでハッキングによる盗難リスクは抑えられます。

Goxを回避できる

Goxとは取引所が潰れることで資産がなくなることです。

2014年のマウントゴックス取引所がビットコインを消失した事件が由来です。

もしGoxした場合、資産は永久に戻ってきません。

被害者は泣き寝入りするしかなくなります。

一方でローカルウォレットはそのような心配がありません。

自分の大切な資産を自分の手元で保管することが可能です。

いつでも入出金できる

取引所に資産を預ける場合、入出金できない場面に遭遇することがあります。

それはサーバーのメンテナンスなどで取引所が停止した場合です。

私のよく使っている海外取引所も数時間に一回くらいメンテナンスが入ります。

もちろんその時は入出金は一切できません。

他の取引所にすぐに送金したい場合などは非常に不便です。

一方、ローカルウォレットなら入出金は自由です。

いつでも好きなタイミングで資産を出し入れできます。

ローカルウォレットのデメリット

次はデメリットです。

ローカルウォレットには次のようなデメリットも存在します。

同期に時間がかかる

ウォレットを利用するには『同期』という作業が必要です。

同期とはブロックチェーンをダウンロードする作業です。

この作業がなかなか時間がかかります。

短くて一日、長いと数日かかることすらあります。

その間はウォレットに送金しても着金しません。

同期が完了すると着金します。

すぐに入出金が行えないというのがデメリットです。

データ容量を大量消費する

ローカルウォレットは同期に時間がかかると言いました。

これは膨大なブロックチェーンをダウンロードしているからです。

そのためかなりのデータ容量を消費します。

ブロックチェーンの長さにもよりますが大体数GBくらいです。

なのでCドライブなどにインストールするときは要注意です。

もし容量が心配なら空きのあるDドライブなどにインストールするのもいいかもしれません。

ウォレットデータをDドライブに移す方法について以下の記事を参考にしてください。

参考記事 : 仮想通貨ウォレットのデータをDドライブなどに移す方法

セルフGoxする可能性

先ほどローカルウォレットはGoxするリスクがないと書きました。

しかし資産がなくなることはローカルウォレットでもあります。

それは次のような場合です。

  • ウォレットのある端末が壊れた場合
  • パスフレーズを忘れる

ウォレットを保管してある端末(PCなど)が壊れると復旧できません。

なのでこまめにバックアップを取りましょう。

また、保存したバックアップ(wallet.dat)はUSBなど別端末に保存した方が良いです。

また、ウォレットによってはログインにパスワードが必要な場合があります。

そのパスワードを忘れてしまった場合も紛失と同じことになります。

大事な情報は絶対に忘れないようにしてください。

ハッキングなどの盗難リスク

ローカルウォレットのセキュリティは個人が管理するものです。

それを疎かにするとウィルス・ハッキングによる盗難リスクがあります。

なので必ずOSはこまめにアップデートしてください。

またアンチウィルスソフトなどの導入も必要です。

まとめ

ローカルウォレットの利点は次の3点です。

  • セキュリティがオンラインウォレットに比べて高い
  • Gox(取引所での資産の紛失)を回避できる
  • いつでも入出金できる

一方、欠点は次の4つです。

  • 同期に時間がかかる
  • データ容量を大量消費する
  • セルフGox(資産の紛失)する可能性
  • ハッキングなどの盗難リスク

ローカルウォレットにも短所はあります。

しかしそれは個人の意識によって改善できます。

紛失のリスクをなくすにはこまめにバックアップを取りましょう。

また、盗難被害に遭わないためにセキュリティを強化するのが大事です。

これが守れればローカルウォレットはとても使いやすいと思います。

以上ローカルウォレットのメリット・デメリットでした。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする