仮想通貨ウォレットのデータをDドライブなどに移す方法

皆さんこんにちは。

仮想通貨を安全に保管する方法はPCなどでローカルウォレットを使う事です。

取引所に預けるよりも盗難(GOXする)リスクが少なくなります。

しかしローカルウォレットにはある問題点があります。

それはウォレットデータのデータ量がとてつもなく大きいという事です。

もしウォレットデータをCドライブなどに置くと容量が足りなくなる恐れがあります。

そこでここでは容量に空きのあるDドライブなどにデータを移行する方法を紹介します。

対象OSはWindowsとします。

ウォレットデータの保存場所

ではそもそもウォレットデータはどこに保存されているのでしょうか。

その場所を調べるにはまず『ファイル名を指定して検索』を開いてください。

開き方はWindowsキー+Rキーを同時押しです。

そしてそのダイアログで次の画像のように[%APPDATA%]と打ってOKを押してください。

するとRoamingという名前のフォルダが開きます。

その中で仮想通貨名(ビットコインならBitCoinなど)のフォルダがあると思います。

そのフォルダの中にウォレットデータが入っています。

このようにウォレットデータはウォレット自身とは切り離されて保存されています。

なのでウォレットをDドライブに移しても何も意味がありません。

ウォレットデータをDドライブに移す必要があります。

またそのデータを移すとウォレットはデータがどこにいったのか分からなくなります。

そこでウォレットに新しいデータの保存先を知らせる必要もあります。

では、次にそうするための具体的な方法を紹介します。

ウォレットデータの移行方法

次の手順に沿ってウォレットデータを移行してください。

ただしここではBitBeanという仮想通貨を例にして移し方を紹介します。

もし他の仮想通貨ならBitBeanをその仮想通貨に置き換えて読んでください。

手順1.ウォレットのバックアップ

ウォレットデータの移行でデータが破損することはまずないと思います。

ですが、もしもの時のためにウォレットをバックアップしておいた方が安全です。

ウォレットのバックアップは次の手順で行います。

まずウォレットのメニューから『ファイル』あるいは『File』を選んでください。

その中に『ウォレットをバックアップする』という項目があると思います。

あるいは英語版なら『Backup Wallet』などと書かれた項目です。

それをクリックするとウォレットデータを保存するダイアログが出てきます。

そこでPC以外(USBや他のHDD)を選び、wallet.datなどの名前で保存してください。

私はUSBなどのリムーバブルディスクに保存しています。

これでバックアップは完了です。

復元方法はウォレットデータのあるフォルダにこのwallet.datをコピーするだけです。

これでウォレットが壊れたとしても残高を元通りにすることができます。

手順2.ウォレット側でデータフォルダを設定

次にウォレット側でデータ移行の準備をしておきます。

*注意 これ以降の作業は必ずウォレットを閉じてから行ってください。*

ではまずDドライブに移動してウォレットデータ用のフォルダを作りましょう。

作成するフォルダは例えば仮想通貨の名前でいいと思います。

上の画像のようにBitBeanならそのままBitBeanという名前でいいと思います。

そしてそのフォルダがウォレットデータ用だとウォレットに認識させます。

そのためにはまずウォレットのショートカットを作ってください。

ウォレットの実行ファイルを右クリックし、『ショートカットの作成』で作成できます。

上の画像のような感じでショートカットができると思います。

そのショートカットファイルのプロパティ画面を開いてください。

ショートカットを右クリックで出てくるメニューの『プロパティ』から開けます。

次のような画面です。

その中に『リンク先』という項目がありますが、そこを次のように書き換えます。

[ウォレットのパス] -datadir=[移行先のフォルダパス]

[ウォレットのフォルダパス]と[移行先のフォルダパス]はウォレットに応じて書き換えてください。

私の場合はBitBeanウォレットを移行したので

ウォレットのインストールフォルダ = C:\BitBean-qt_Win64\BitBean64-qt.exe
ウォレットデータ移行先のフォルダ = D:\BitBean

として次のように書き換えました。

C:\BitBean-qt_Win64\BitBean64-qt.exe -datadir=D:\BitBean

そして『適用』ボタンを押してプロパティを閉じてください。

手順3.ウォレットデータの移行

最後にウォレットデータをフォルダごと移動します。

先ほど説明したウォレットデータのあるRoamingというフォルダを開いてください。

そこに仮想通貨の名前(ここではBitBean)をしたフォルダがあります。

そのフォルダを切り取りしてください。

そしてDドライブにある移行先のフォルダに貼り付けましょう。

この状態でウォレットを起動してください。

何もエラーが出なければ以降に成功しています。

もしエラーが出るなら手順1から手順3までをよく見直してください。

最後に

ここではウォレットデータをDドライブなどに移行する方法を紹介しました。

もちろんDドライブだけでなくUSBなどでも可能です。

ローカルウォレットは予想以上にデータを消費します。

なので容量が足りずウォレットが開かないことがないように対策しておきましょう。

もしこの解説で分からないことがあればコメント欄などで質問してください。

分かる範囲で答えます。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする