モナコインがbitFlyer(ビットフライヤー)で購入可能に

今日の朝起きてびっくりしました。

ビットフライヤーのトップ画面に MONA資産 の文字が…

今までモナコインはZaifでしか購入できませんでした。

ついにここでもモナコインが購入できるようになったようです。

モナコインだけでなくビットフライヤーは最近アルトコイン増やしています。

ついこの間もライトコインを追加したばかりでした。

まさか今度はモナコインが追加されるとは意外です。

試しにモナコインを少しだけ購入したので報告します。

モナコインの購入

買い方は簡単です。

まず左側のメニューから『アルトコイン販売所』をクリックします。

すると販売所画面が出てくるのでそこから『モナコイン』を選択します。

上の画像のような画面で『数量(MONA)』に購入枚数を入力して『コインを買う』を選択します。

しばらくするとモナコインの残高が増えているはずです。

モナコインはこれだけで簡単に買えます。

もしまだビットフライヤーのアカウントを持っていない方は以下のリンクから登録できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

モナコインを扱っている取引所は他にもありますが、ビットフライヤーはセキュリティが強固なのでモナコインを購入するなら今度からはビットフライヤーを使った方が良いかもしれません。

私も他の取引所でモナコインを買っていたのでビットフライヤーに移そうと考えています。

モナコインとは

モナコインはライトコインを拡張して作られたコインです。

ライトコインと比較して次のような違いがあります。

  • 発行上限枚数
    • ライトコイン : 8400万枚
    • モナコイン : 1億512万枚
  • ブロック生成時間
    • ライトコイン : 2分30秒
    • モナコイン : 1分30秒

モナコインはライトコインに比べてマイニングがしやすいのでブロック生成時間が短いです。

つまり決済にかかる時間がライトコインより早いという事です。

ライトコインの上位互換のような存在ですね。

それでこのコインの由来になったモナはあの有名AAのモナーです。

上の画像のようにオマエモナーとか言ってるあのAAです。(最近は見かけなくなりましたが…)

そんなAAが名前の元になっているだけあって2ch(2ちゃんねる)で使われています。

通常マイナーコインというのは投機目的以外にはほとんど利用されません。

しかしモナコインは実店舗での採用は少ないものの実用的な使い方ができます。

最近ではtwitterで投げ銭としても利用できるようになったそうです。

参考記事 : MONAヤバい!モナコインをチップとして送る方法

実用的な使い方があるということはそれだけ価値があるという事です。

モナコインの将来性

現在のモナコインの価格は約56円です。(ビットフライヤー価格)

そして次の画像は2014年3月20日~2017年10月2日までのチャートです。

2017年の5月ごろから高騰しています。

そして6月下旬には100円近くまで価格が上昇しています。

現在は40円から50円を推移しているような感じです。

しかし今回のビットフライヤーに採用されたことで価格が上昇するかもしれません。

さらにビットフライヤーが採用したことで他の取引所でも取り扱いが始まる可能性もあります。

そうなればさらに価格が上昇する可能性が高いです。

今の56円という価格はまだまだ安いと思います。

なのでモナコインが買うなら今がチャンスだと言えます。

このようなチャンスはあまりありません。

安く買えるうちに買っておくのが良いと思います。

もしモナコインにまた動きがあればここで報告しようと思います。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする