bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する3つのメリット

皆さんこんにちは。

最近は仮想通貨が話題になっています。

それでビットコインなどの購入を考えている方もいるでしょう。

その仮想通貨を買うには一般的に取引所を利用します。

取引所の中で私が最もおススメするのはbitFlyer(ビットフライヤー)です。

ここでは様々な観点からbitFlyerを使う事のメリットを紹介します。

bitFlyerの概要

まずbitFlyerの概要を紹介します。

bitFlyerの概要

資本金 41億238万円
設立 2014年1月9日
代表取締役 加納裕三
取締役 CTO 小宮山峰史
主要取引銀行 三井住友銀行

bitFlyerの加納裕三社長は元ゴールドマンサックスのエンジニアで次のような経歴を持っています。

1976年生まれ。2001年、東京大学大学院工学系研究科修了。その後ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして入社。一度BNPパリバ証券を経て、再度ゴールドマン・サックス証券にて、企業の資金調達、マーケットメイク、資産運用に携わる。そして2014年1月に株式会社bitFlyerを共同設立。

また取締役CTOの小宮山峰史さんも元ゴールドマンサックスのエンジニアです。

金融関係の元エンジニアが取締役を務めている会社です。

また国内の取引所としては最も規模が大きいです。

2017年6月には登録者数は60万人に達しました。

また、ビットコイン取引量では日本の取引量の約8割を占めています。

2017年8月にはビットコインの月間取引量が1.5兆円を突破しました。

日本国内でも日本一ですがなんと世界でも取引量1位です。

世界の有名な取引所にはBittrexやPoloniexやKrakenがあります。

それらすべての取引所を抑えて一位です。

世界の取引所の取引量はcoinhills(コインヒルズ)から閲覧できます。

以下の画像は全仮想通貨の取引量のランキングです。

なんとbitFlyerが全世界の取引量の約18%を占めています。

2位のBitterxが約11%なので2位と比べても2倍ほどの差をつけています。

また次の画像はビットコインの取引量のランキングです。

見ればわかるようにダントツです。

2位のcoincheckが約10%の取引量なのに対し、bitFLyerは約40%です。

2位と比べて約4倍近い差があります。

日本だけでなく世界レベルでも規模の大きい取引所です。

取り扱っている仮想通貨

bitFlyerでは次の5つの仮想通貨を扱っています。(2017年10月時点)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

追記 : 2017年10月3日にモナコインが追加されました。

他の取引所と比べてみましょう。

他の取引所は次の種類の仮想通貨を取り扱っています。

取引所名 取り扱い通貨
Zaif ビットコイン
ビットコインキャッシュ
ネム
モナコイン
 ビットバンク.cc  ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン
リップル
モナコイン
ビットコインキャッシュ
 ビットポイント  ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
 coin.z.com ビットコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム
 coincheck ビットコイン
イーサリアム
イーサリアムクラシック
リスク
ファクトム
モネロ
オ―ガ―
リップル
Zキャッシュ
ネム
ライトコイン
ダッシュ
ビットコインキャッシュ

取り扱い通貨についてはbitFlyerはそれほど多いわけではありません。

もし多くの仮想通貨を買いたいならビットバンクやcoincheckの方が良いでしょう。

しかし取引量やセキュリティなどの点ではbitFlyerが一番優秀です。

次はbitFlyerを使うメリットを紹介します。

bitFlyerを使う利点

bitFlyerを使うことには次の利点があります。

セキュリティが強固

仮想通貨にはハッキングなどによる盗難リスクがあります。

なぜなら仮想通貨はサイバー空間上にあるからです。

ビットコインなどの盗難はしょっちゅう起きています。

取引所に預けていると常にそのようなリスクに悩まされます。

盗難を防ぐ一番いい方法はネットにつながないことです。

そのためにペーパーウォレットを使うという方法があります。

ペーパーウォレットとはビットコインアドレスと秘密鍵を紙に印刷したものです。

完全にオフラインなので仮想通貨を安全に保存できます。

しかし紙なので管理が大変で紛失リスクがあります。

オフライン保存だと管理が大変で、オンライン保存だと盗難リスクがあります。

仮想通貨を個人で管理するというのは大変なことなのです。

一方bitFlyerを使えばそのようなことを心配する必要はありません。

bitFlyerは保有資産の90%をコールドウォレットに保管しています。

コールドウォレットとはネット接続されていないサーバーのことです。

また社員の手により資産が盗まれないように24時間体制で監視されています。

bitFlyerはかなりセキュリティの高い取引所です。

安全を重視するならbitFlyerに仮想通貨を預けることをおススメします。

仮想通貨の購入が簡単

bitFlyerは仮想通貨の購入が楽にできるように設計されています。

仮想通貨はメニュー画面の『ビットコイン販売所』または『アルトコイン販売所』から購入できます。

実際の購入画面は次のようになっています。

ビットコインなどの枚数を指定するだけで簡単に売買が行えます。

初心者にとって分かりやすいというのがうれしいところです。

bitFlyerへの登録方法

bitFlyerにはアカウントの種類によってクラス分けされています。

ビットコインや円の入出金を行うにはトレードクラスになる必要があります。

そのトレードクラスへの登録には次のステップが必要です。

  1. メールアドレスとパスワードを入力してアカウント作成
  2. 本人情報の登録
  3. 本人確認書類の提出
  4. 数日後に本人限定郵便の受け取り

面倒そうですが本人確認書類の提出までならすぐに終わります。

本人限定郵便の受け取りもそれほど日数もかかりません。

詳しい登録方法は次のリンクを見てください。

bitFlyerへの登録方法を分かりやすく解説してあります。

もし仮想通貨を始めるならbitFlyerが一番おススメです。

初心者でも売買しやすく、セキュリティも強固です。

皆さんもbitFlyerで仮想通貨の取引を初めて見てください。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする