ライトコインとビットコインの違いと共通点

皆さんこんにちは。

最近ライトコインの高騰によりライトコインが注目を集めるようになってきました。

ライトコインとは一言でいうならビットコインの上位互換版です。

ここではビットコインとライトコインの共通点と違いについて解説します。

ビットコインとライトコインの共通点

ビットコインとライトコインには次のような共通点があります。

ブロックチェーン技術を使用している

ブロックチェーンについて知っている人には不要かもしれませんが一応説明します。

ブロックチェーンは次のような定義になっています。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術[1]、または、分散型ネットワークである[2]。ブロックチェインとも[3][4]。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3

簡単にいえば世界中のサーバに分散して記録される台帳のようなものです。

取引履歴のデータの集まりであるブロックが鎖(チェーン)のように繋がっているのでこう呼ばれます。

その各ブロックは前のブロックのハッシュ値を持っています。

ハッシュ値とはあるデータから得られる特定の長さの数値のことです。

もし取引履歴を改ざんしようとするとこのハッシュ値を変えなくてはいけません。

しかしそれは理論上は不可能なことです。

なぜならあるブロックのハッシュ値を変えると次のブロックを持つハッシュ値も変えなくてはなりません。

そうすると次のブロックのハッシュ値も変わってしまいます。

なので改ざんするには全てのブロックのハッシュ値を改ざんしなくてはならなくなるのです。

そのようなことは絶対にできないのでそれがビットコインの安全性を保障しています。

ブロックチェーンとはそのような仕組みです。

この技術をビットコインもライトコインも両方とも使っています。

ビットコインとライトコインの相違点

冒頭でライトコインはビットコインの上位互換版だと話しました。

つまりライトコインはビットコインを拡張して作られたという事です。

なので機能的にはライトコインの方が上です。

そのため次のような違いが存在します。

マイニングの容易さ

マイニングの簡単さではライトコインの方が上です。

ビットコインを採掘する場合は専用のハードウェアを使わなければ効率よく採掘できません。

これでは個人が参加しにくくなります。

非中央集権をうたう仮想通貨にとってこれは致命的です。

一方のライトコインでは一般的なコンピュータでも採掘できるよう設計されています。

つまり誰でもマイニングに参加でき非中央集権性が保たれるということです。

マイニングについては次の記事をご覧ください。

記事 : ビットコインのマイニングって結局何してるの?

決済速度の違い

両者は決済速度が異なります。

ビットコインは10分かかるのに対し、

ライトコインは2分30秒しかかかりません。

ライトコインの方が4倍も速く決済ができるのです。

これは前述したようにマイニングが容易なためブロックの生成速度が速いからです。

決済速度が速いというのは通貨にとっては非常に重要なことです。

総発行枚数の違い

両者とも発行枚数に限りがあります。

ビットコインは2100万枚

ライトコインは8400万枚となっています。

ライトコインの方がビットコインより4倍の発行数です。

この違いは決済速度が異なるためです。

「決済にかかる時間」=「ブロック生成時間」となっているので

決済にかかる時間が4倍速であるライトコインは4倍の新規通貨を発行できます。

だからライトコインの方が発行枚数が多いのです。

以上がビットコインとライトコインの相違点です。

どちらが優れているのか

機能面でいったらライトコインの圧勝です。

マイニングも容易で決済速度も4倍速ならビットコインに勝ち目はありません。

しかし時価総額、知名度の点ではビットコインが勝っています。

次の画像はCoinGeckoの仮想通貨ランキングの一部です。


https://www.coingecko.com/jaより引用

時価総額ではビットコインが約7.3兆円なのに対し、

ライトコインはわずかに約3100億円程度です。

桁からして違います。

また公共の興味もライトコインは上がっては来ているもののビットコインほどではありません。

今の段階ではビットコインの方が規模も関心も高いのが現実です。

しかし、機能面ではライトコインの方が確実に上だという事を忘れてはいけません。

なのでどちらが優れているかと聞かれれば

機能面ではライトコイン

規模と関心度ではビットコイン

と言えると思います。

ライトコインの将来性

ライトコインは非常に将来性があると思います。

今はまだ6000円程度の価格ですが、これから高騰するかもしれません。

なので価格が安い今の内が手に入れる絶好のチャンスだと思います。

ライトコインの購入は仮想通貨取引所で行うことができます。

国内には多くの取引所がありますが私が最もおススメするのはビットフライヤーです。

セキュリティが強固で安心して取引することができます。

ビットフライヤーの登録は以下のリンクから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今ならログインするだけでビットコインが貰えるログインボーナスも実施中です。

またライトコインだけでなくイーサリアムなどの他のアルトコインも扱っています。

仮想通貨を始めるなら絶対に登録することをおススメします。

まとめ

ここではライトコインとビットコインの共通点と相違点を紹介しました。

どちらもブロックチェーンを利用しているのは同じです。

しかしライトコインはブロックチェーン技術を高め、より上位な存在になっています。

なのでその点が評価されて価格が高騰することはかなりあり得ると思います。

もしライトコインに可能性を感じたならライトコインを買ってみてください。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする