個人投資家になるのに資金やセンスはいらない

皆さんこんにちは。

長引く不況、上がらない賃金、消費税増税、年金不安…

そのような暗いニュースばかりの中で少しでも資産を増やすにはどうすればいいでしょうか?

それは投資をすることです。

しかし投資アレルギーな人というのは必ずいて投資という言葉を聞いただけで

必ず損するもの

ギャンブルと変わらない

そんなものやってたら自己破産する

というような考えを勝手に持つ方がいます。

しかしそれは間違いです。

個人投資家になるにはお金もセンスもほとんど必要ありません

実際私も投資のセンスなんて皆無ですし、お金も無いに等しかったです。

個人投資家には誰でもなれると思っています。

投資とは何ぞや

そもそも投資とはなんなんでしょうか。

投資を知らない人はそこからまずは知るべきです。投資とは次のような定義です。

以下Wikipediaより引用

投資(とうし、英: investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。

この定義から分かるように投資とは世の中の役に立つことです。

決してギャンブルなどではありません。

でも投資で何千万、何億も損したという話を聞いたという方もいるかもしれません。

それは投資ではなく投機の話です。

投機とは次のような定義です。(Wikipediaより引用)

投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。もともとは禅の仏教用語であり、師弟の心機が投合することを言う。投機を表す英語: Speculationには、思索・推測の意味が含まれている。
マネーゲーム (money game) の一種[1][2]とも言われ、ギャンブルに含まれる場合がある[3]。

投機の代表例としてはFXなどが有名でしょうか。

この投機と投資には決定的な違いがあります。

それは『プラスサムゲーム』か『ゼロサムゲーム』かという違いです。

投機はゼロサムゲーム

ゼロサムゲームとはプレイヤー全体の利益が0になります。

FXなどの投機はこのゼロサムゲームに分類されます。

なぜ全体の利益が0なのかと言えばプレイヤー同士で勝負するからです。

どこかで誰かが勝てば誰かが損をします。

この投機というのはとてつもなく大きな損が発生しうるゲームです。

例えばFXなら証拠金を取引所に預けることで証拠金の何倍~何百倍もの金額で取引できます。

これをレバレッジ(てこ)と言います。

証拠金の何百倍もの取引ができるので一瞬で大金を稼げることもあります。

しかし問題なのは損した場合です。

損をした場合は追証(おいしょう)といって追加の証拠金を払う必要があります。

レバレッジをかけた場合、この追証は限りなくでかくなります。

何百万や何千万になることもあり、そのせいで破産する人もいるのです。

投資が怖いという人はこのような投機の話と勘違いしています。

投資はプラスサムゲーム

プラスサムゲームとはプレイヤー全体の利益がプラスになるゲームの事を言います。

投資はこのプラスサムゲームに分類されます。

投機と違い、誰かが勝ったら誰かが負けるという事はありません。

もちろん損をすることもありますが、投機に比べれば非常に安全です。

よほどの大金を預けなければ自己破産するような損を被ることもありません。

投資と投機は全く別物なので混同しないようにしてください。

投資に必要な資金やセンスは

よく投資は何千万もの元手がないと意味がないという人がいます。

ですがそんなことは全くありません。

極端な事を言えば一万円でも十分です。

一万円を毎月積み立てて投資するのでも十分利益がでます。

投資というのは辛抱強く待つことが一番大事なのです。

明日や明後日に利益を出すことが目的ではありません。

またセンスに関してもそんなに必要ありません。

なぜならセンスというのは持って生れついた先天的なものです。

それを後からどうこうしようなどというのは不可能です。

代わりに必要なことはセンスではなく知識や技術を身につけることです。

投資対象がいったい社会のどこで役立つのか、いつ役立つのかを他人にぺらぺらと説明できるようになるまで投資対象を調べつくすというのが大事です。

私もあるものに投資するときは投資対象を深く知るように心がけています。

またどのタイミングで投資対象を買ったり売ったりするかも大事なことです。

これは先天的なものではなく後天的に身につけられるものです。

優れた投資家というのは先天的なセンスなどには頼りません。

論理的に物事を考え、投資対象に対して誰よりも深く知っています。

それが優れた投資家というものです。決して運なんかには頼りません。

このように投資家に必要な知識や技術は後からいくらでも身につけられます。

だから誰でも投資家になれるのです。難しいことではありません。

ただ誰よりも努力するという事が非常に重要になってくる世界です。

何に投資するべきか

とはいっても何に投資すればいいのか分からないという方もいるかもしれません。

もし投資対象が決まっているならここから先は読む必要はありません。

投資にもいろいろあります。

株投資、インデックス投資、不動産投資、etc…

それぞれの投資には一長一短あります。

私が最もおススメするのは『仮想通貨投資』です。

仮想通貨とは別名を暗号通貨といい、暗号技術を元にして作られた通貨のことです。

残念なことにまだ日本では怪しいものとして認識されています。

しかしだからこそ今が投資するチャンスです。

なぜ仮想通貨に投資すべきかというと次のような理由があるからです。

1. 今急成長しているから

仮想通貨は今急成長している通貨です。

ある仮想通貨がたった3か月かそこらで価格が2倍になっていることなど日常茶飯事です。

実際、ビットコインは2017年の7月から8月の終わりにかけてわずか2カ月で2倍になりました。

もし株式投資ならこのようなことはめったに起こりません。

数倍にするにも良い銘柄を選ばなくてならず、運も必要です。

仮想通貨なら運は全く必要ありません。今成長している通貨を買うだけでいいからです。

仮想通貨が成長していると言っても今はまだ発展途上にすぎません。

からなず仮想通貨は将来経済を語る上で欠かせない存在になります。

これからさらに急成長するのは間違いありません。

2. 有事の時に資産を守れるから

もし日本で金融危機や大災害、戦争が起きた時などに仮想通貨は役に立ちます。

なぜなら仮想通貨には国境がなくボーダレスでどこにでも持ち運べるからです。

金融危機が起こった時、今持っている日本円が紙切れ同然になることがあるかもしれません。

しかし、仮想通貨は特定の中央集権(政府や金融機関)に依存しないのでそのような金融危機とは無縁です。

また、仮想通貨はサイバー空間に保管できるのでどこにでも持ち運べます。

これなら大災害や戦争が万が一起きたとしても自分の大事な資産を守ることができるという事です。

有事が起きない保証はないので少しでも保有しておくことをおススメします。

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入することができます。

国内にも多くの取引所がありますが、最もおススメなのはビットフライヤーです。

この取引所は国内でもセキュリティがしっかりしていて安心して取引できます。

ビットフライヤーの登録はこちらから
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今ならログインするだけでビットコインが貰えるログインボーナスも実施中です。

仮想通貨を始めるならまずはこの取引所から始めるのがいいと思います。

まとめ

ここでは個人投資家になるのが難しくない理由というのを紹介しました。

この記事に書いたとおり、投資家には誰でもなれます。全く難しくありません。

もし将来に不安があるなら投資は絶対にしておかなければなりません。

確かに投資にはいくらかリスクはあります。

しかし、今の時代はリスクを取らないことが最大のリスクになります。

幸せな人生を送りたいなら投資しましょう。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする