ビットコインのマイニングって結局何してるの?

皆さんこんにちは。

最近ビットコインがついに50万円の最高値をつけました。

20万円の頃から考えると信じられないくらいの値上がりです。

そんなビットコインですが、マイニングという言葉をよく聞きます。

マイニングとはビットコインを採掘する作業のことです。

しかし具体的に何をしているか分からない方もいるかもしれません。

そこでここではマイニングとは何をしているのか説明します。

マイニングとは

マイニングについて説明する前にブロックチェーンについて解説しなければなりません。

ブロックチェーンはよく聞く言葉ですが、次のような定義です。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術[1]、または、分散型ネットワークである[2]。ブロックチェインとも[3][4]。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。

取引履歴を記録したデータの塊(ブロック)が互いに鎖(チェーン)のように結びついているのでブロックチェーンと呼ばれます。

その各ブロックは前のブロックのハッシュ値を持っています。

ハッシュ値とはあるデータから得られる特定の長さの数値のことです。

もし取引履歴を改ざんしようとするとこのハッシュ値を変えなくてはいけません。

しかしそれは理論上は不可能なことです。

なぜならあるブロックのハッシュ値を変えると次のブロックを持つハッシュ値も変えなくてはなりません。

そうすると次のブロックのハッシュ値も変わってしまいます。

なので改ざんするには全てのブロックのハッシュ値を改ざんしなくてはならなくなるのです。

そのようなことは絶対にできないのでそれがビットコインの安全性を保障しています。

ブロックチェーンとはそのような仕組みです。

そしてブロックチェーンにあるブロックを追記する場合を考えてみましょう。

その場合、データの整合性を取りながら正確にブロックを追記する必要があります。

この処理を行うには大量の計算をしなくてはいけません。

もちろん人間が計算できるようなものではないです。

そこでコンピュータの計算能力を利用してこの膨大な計算を処理します。

その膨大な計算をしてくれた人に追記処理を成功させた見返りとしてビットコイン報酬が支払われます。

この作業こそが『マイニング』なのです。

決してコンピュータの中にビットコインが眠っているとかそういうことではありません。

そしてマイニングする人をマイナー(採掘者)と呼びます。

しかしマイナー全員がビットコインを貰えるわけではありません。

この膨大な量の計算問題は10分に一回出題されます。

その問題を解いた先着一名だけにビットコインは与えられます。

たった一名という狭き門です。

その狭き門をくぐるためには他人より早く計算できるコンピュータが必要です。

これがビットコインマイニングを激化させています。

昔は個人PCでもマイニングは可能でしたが、今は専用ハードウェア何千台も束ねたファーム(工場)と呼ばれる組織でないとほぼ採掘するのは難しいでしょう。

ビットコイン報酬はいくらなのか

気になるのは一回マイニングしていくらビットコインが貰えるかという事だと思います。

この報酬は一定ではありません。

あるタイミングで貰える報酬が半分になります。

そのタイミングのことを半減期と呼びます。

まだマイニングが始まったころの報酬は50BTCでした。

最初の半減期は2012年11月でその時報酬は50BTCから25BTCに半減しました。

次に半減するのはちょうど東京オリンピックが開催される2016年ごろです。

この半減期は4年に一回おとずれます。

4年に一回ということには根拠があります。

ビットコインの発行枚数の上限は2100万枚です。そしてブロックの生成時間は10分になっています。

すると 10分×21万ブロック がちょうど約4年になるのです。

ところでこの半減期はいつまで続くのでしょうか。

現在は既に1600万枚がマイニングされています。

これが2100万枚に到達するのは2140年です。

恐らく私も皆さんは生きていないでしょう。(医療技術の発展とかない限り…)

その時マイナーの収入はなくなります。

しかも2140年に至るまででもマイニング報酬は減少し続けます。

これではマイニングするマイナーがいなくなるのではないかと思う方もいるかもしれません。

しかしそれは起こらないと思います。

なぜならビットコインの価格が上がっているのに加え、マイナーは手数料収入も得ているからです。

利用者が支払った手数料はマイナーの収入になるのです。

なのでマイニングが行われなくなるという心配はありません。

まとめ

ビットコインのマイニングというのはブロックを追記するための計算を行う作業です。

その作業は膨大なコンピュータリソースを消費します。

そしてその計算を行った先着一名にビットコインが報酬として支払われます。

分かりにくいマイニングですが、要はこれだけのことです。

以上マイニングについてお話しました。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする