複利の力を知ると億万長者になれる

皆さんこんにちは。

今日は複利についてのお話です。

複利について20世紀の天才科学者のアインシュタインはこう言いました。

人類最大の発明は複利(The most powerful force in the universe is compound interest.)

アインシュタインにこうまで言わせるほど複利の力というのはすごいものです。

ここでは複利のすごさについて紹介します。

複利と単利の違い

金利には単利複利という2種類があります。

単利と複利はそれぞれ次のような金利のつけ方です。

  • 単利
    • 元金に対してだけ金利が付く
  • 複利
    • 元金に加えて、利息に対しても金利が付く

単利の代表例としては銀行預金などがあります。

現在ほとんどの銀行の金利はよくても0.1%、最低で0.01%です。

例えば銀行に0.01%100万円預けるとします。

これが10年間でいくら利息がつくでしょうか。

計算してみるとたったの1000円です。

10年間も100万円を貸してあげたのにたったの1000円しか利息が付かないのです。

単利で資産を2倍にするのに何年かかるか考えてみます。

年利をxとするとn年後の総資産は(1 + nx)倍になります。

これを式で表すと

1 + nx = 2
n = 1 / x

つまり1を年利で割れば2倍になる年数が分かることになります。

年利をxパーセントで表すならさらに次のように変換されます。

n = 100 / x

さてこの式を使って年利0.01%で資産を2倍にするのに何年かかるか計算します。

するとなんと…

10000年かかってしまいます!!

中石器時代や亜旧石器時代が10000年前なのでその時代から銀行にお金を預けてやっと2倍になります。

いかに単利というのがお金を増やすのに非効率かが分かると思います。

一方、複利には増えた利息分に対しても利息が付きます。

最初は単利とほとんど変わりませんが、長い時間で考えると驚くべき結果になります。

皆さんは72の法則というのをご存知でしょうか?

これは資産運用において元本が2倍になるのにかかる年利(複利)と年数が簡単に求められる法則のことです。

これには次のような公式が存在します。

年利(単位:%)× 年数(単位:年) = 72

この公式を使い、年利0.01%で資産を2倍にするのに何年かかるか計算してみましょう。

2倍にするのにかかる時間 = 72 / 年利

なのでざっと計算するとなんと…

7200年です!!

まあそれでも7200年かかるんですが、あくまでこれは年利0.01%の場合です。

年利5%や7%で複利運用すれば数十年あるいは数年で資産を2倍にすることができます。

複利というのは資産を増やすのに最も適した方法です。

複利のすごさが分かる逸話(エピソード)

複利のすごさを表すエピソードがあるので、次はそれをいくつか紹介します。

マンハッタン島とネイティブアメリカン

今から400年ほど前、北米先住民であったネイティブアメリカンは白人に対してマンハッタン島を24ドル(約2400円)相当の装身具で売却したと言われています。この行為は愚かな行為として400年もの間語り継がれてきました。

しかしもしネイティブアメリカンが複利で資産を運用する知恵を持っていたらどうなっていたのでしょうか?

例えば24ドル年利6%で運用したら400年でいくらになるか考えてみます。

こちらの複利計算(元利合計)というサイトで計算してみました。

するとなんと400年後には136兆円という天文学的な数字になります。

日本の国家予算は100兆円です。

400年かかるとはいえ、わずか24ドル(約2400円)で日本の国家予算を上回る資産を作ることができるのです。

もちろんこれは仮定の話ですが、もし400年も6%の実績で運用できれば不可能なことではありません。

この話だけでもいかに複利の力がすごいかということが分かります。

紙を42回折ると月まで届く

これは有名な話かもしれませんが、紙を42回折ると月まで届く高さになります。

紙の厚さを仮に0.1mmとします。

1回折って0.2mm
2回折って0.4mm
2回折って0.8mm

と折っていったとき、

25回で富士山の高さ
35回で日本列島の長さ
39回で地球一周の長さ

になります。

そして42回折ったところで約44万Kmになり、月までの距離(約37万)を超えるので月に届くというわけです。

しかし実際は紙を8回折ったところでそれ以上は折りたためなくなるそうです。

実際に試してみると7回目くらいで限界でした。

しかし、複利のすごさを知るにはいい例だと思います。

たった0.1mmしかないティッシュペーパーのような紙でも42回折れば月に届くというのは夢のある話です。

まとめ

複利の力を知ることでお金を上手に増やすことができます。

実際、富裕層はこのような複利の逸話を好み、いかに効率よくお金を増やすかということを考えています。

お金が増えないと分かっている貯金は絶対にしません。

もしあなたがお金持ちになりたいなら複利で資産を運用するのが一番の近道です。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする