ビットコインはバブルだと言っている専門家への反論

皆さんこんにちは。

ビットコインは最近50万円の最高値を更新し、ますます価格上昇しています。

この勢いはとどまることを知りません。

そしてビットコインについて調べていると次のような記事を発見しました。

「ビットコインはバブル」2008年の金融危機を予測した米投資家ピーター・シフ氏が発言

これはピーター・シフというアメリカの経済学者の言い分をまとめた記事です。

2008年の金融危機を予言した偉い経済学者か何かか知らないですが、まったく共感できませんでした。

ここではビットコインがバブルだと言っている彼の言い分を反論していこうと思います。

バブルだと言える根拠その1への反論

ピーター・シフはまずこのように語っています。

「バブルは人々の心理によって作られる。人々は値段が上がればビットコインに熱狂し、このシステムが本物であると錯覚するとバブルが起こる。値段が上がれば上がるほど、その自信が増しさらにのめり込んで行く。しかし期待感だけではビットコインの機能は向上しないため、近い将来クラッシュするだろう。」

バブルが人々の心理によって作られるというのは確かにそうだと思います。

日本のバブル時代も人々はこのまま株価や土地が上がり続けると信じていました。

また、『近い将来クラッシュする』とかいてありますが、これは恐らくスケーラビリティ問題によりビットコインが機能しなくなることを指すと考えられます。

あるいは11月におこるかもしれないハードフォークによってビットコインが分裂することで価格が大暴落するかもしれないということを指すのかもしれません。

これも正しいと言えば正しいです。

この主張に関しては少し同意できる部分があります。

確かにこのままハードフォークも何もしなければビットコインのブロックは飽和状態になり取引の遅延が発生すると考えられます。

ですがそれはあくまで技術的な問題なので解決しようと思えばブロックサイズを物理的に増やすかSegwitするなどの解決策がいくらでもあります。

ただ開発者やマイナー(採掘者)同士で揉めてはいますが、いざビットコインが機能しないという危機に直面すれば必ず団結するはずです。

このままビットコインがクラッシュすることなどあり得ない話です。

バブルだと言える根拠その2への反論

さらにピーター・シフは次のようにも語っています。

「ビットコインは金の模倣品であり貨幣としての機能もない。金は元々の自然に価値が保管されていて、大昔から高級品として扱われてきた。友人や恋人に宝飾品としてプレゼントすれば喜ばれる。しかしビットコインは一部のコミュニティにしか認識されていない。貨幣としての価値は取引先がビットコインを受け付けることで初めて使えるようになるが、使用可能な場所は限定的だ。」

貨幣としての機能がない?

一部のコミュニティでしか認識されていない?

突っ込みどころ満載で何をもってこういうことを言っているのか意味不明です。

ビットコインに貨幣機能はない?

まずビットコインには貨幣としての機能があります。

そもそも貨幣の機能とは何でしょうか。

貨幣の機能とは次の3つです。

1.価値尺度機能

お金には物の価値を定義する機能があります。

例えばペットボトル100円とか弁当500円とかです。

このようにモノと円が『ペットボトル = 100円』のように等式で表せます。

2.価値貯蔵手段としての機能

例えばあなたがお金の代わりに牛肉を持っていたとしましょう。

その牛肉は今は腐っていないので価値を持っています。

牛肉と魚を物々交換できるかもしれません。

しかしその牛肉は3年後にも同じ価値を持っているでしょうか?

もちろんそんなことはありません。

牛肉が腐ってしまえば誰もそんなものには見向きもしません。

ですが代わりにお金を持っていたとしたらどうでしょう。

お金が燃えるとかそういうことを考えないとすると3年後でも10年後でも間違いなく価値を持っています。

貯めれば貯めるだけ自分の資産を貯蓄することができます。

これがお金の価値貯蔵手段としての機能です。

3.決済手段としての機能

古代にお金というのは存在しませんでした。

先ほどの例ではないですが、牛肉と魚やお米などを物々交換して生活していました。

しかし今はお金を物々交換の媒介物として間接的にモノを交換しています。

もしお金がなければ自分が持っているものを欲しがっていて、なおかつ自分の欲しいものを持っている人を探さなければなりません。

これは非常に非効率です。

そのような物々交換せずにすむように決済手段を持つのがお金の機能です。

ではビットコインはこれら3つの貨幣としての機能を持っているでしょうか。

まず『価値尺度機能』ですが、ビットコインを使って買い物ができます。

そのときある商品は ××BTC のように価格が決まっています。

もちろん価値が大幅に下がれば値下げすることもあるかもしれませんが、それは日本円などでも同じことです。

なので『価値尺度機能』があると言えます。

次に『価値貯蔵手段としての機能』ですが、ビットコインは燃えたり、腐ったりしないのでもちろんこの機能もあります。

最後に『決済手段としての機能』ですが、ビットコインを使って間接的にモノを交換しているのでこの機能もあると言えます。

まとめればビットコインに貨幣としての価値は存在することになります。

一部のコミュニティでしか認識されていない?

これはもうでたらめに発言したとしか思えません。

ビットコインを知らない人って世の中にどのくらいいるでしょうか?

さんざんニュースでも報道しているはずです。

最近もメディアに取り上げられましたし、マウントゴックスキプロスの金融危機でも報道されたので知らない人というのはなかなかいないと思います。

なぜこのような発言をしたのか謎です。

ただ『使用可能な場所は限定的だ』と最後に書かれているので、もしかしたらピーター・シフは『ビットコインが一部のコミュニティでしか使用されていない』と言いたかったが、間違えて『認識されていない』と発言したのかもしれません。(それでも間違ってますが…)

まとめ

ピーター・シフの発言をあまり鵜呑みにしない方が良いです。

一部は筋の通った発言もありますが、『貨幣機能がない』だの『一部のコミュニティでしか認識されていない』だの本当にこの人はビットコインを知っているのだろうかと思うような発言もしています。

ピーター・シフだけではなく金融の専門家という人でもあまり信用はするものではありません。

大体、専門家というのは適当でそれらしい事を言えば信じられてしまうものです。

大事なのは専門家の意見ではなく自分がどう思うかです。

専門家の意見を信じるのではなく参考程度にするのが良いと思います。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする