イーサリアムがビットコインを追い抜く日は来るのか

皆さんこんにちは。

現在(2017年8月16日)ビットコインは46万円もの価格を付けています。(ビットフライヤーでの価格)

ビットコインの分裂騒動をものともせず順調に価格が上昇中です。

このままいけば100万円も夢ではないようなきがします。

そうれはそうとしてビットコインばかりが話題になっているようですが、イーサリアムも負けてはいません。

イーサリアムもここ最近順調に価格を伸ばしています。

私はイーサリアムに特別な可能性を感じています。

そしていつかビットコインを追い抜く日が来るかもしれません。

ここではなぜ私がイーサリアムにこれほど特別な可能性を感じているのかという事を説明したいと思います。

イーサリアムとは

イーサリアムとは正確にいうと仮想通貨の名前ではありません。

正しくはシステムの名前です。

以下Wikipediaより引用

イーサリアム(英: Ethereum)は、イーサリアム・プロジェクト[1]により開発が進められている、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。

このシステム上で使われている通貨がイーサでこちらが一般的にイーサリアムと呼ばれているものです。(ややこしい(笑))

このイーサリアムというシステムはブロックチェーンを利用しています。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは一言でいうなら分散型台帳のことです。

正確には次のような定義です。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術[1]、または、分散型ネットワークである[2]。ブロックチェインとも[3][4]。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。

Wikipediaより

元々はビットコインに使われていた技術でした。

ブロックチェーンは取引内容を記録したブロックの集まりです。

1つのブロックはその前のブロックのハッシュ値(各ブロック固有の値)を持っています。

それが芋ずる式にブロックをつなぎ合わせており、それらを改ざんするのは非常に難しいので通貨の安全性が保たれます。

これは仮想通貨だけではなく今世界中で注目されている画期的なテクノロジーです。

これがビットコインだけではなくイーサリアムにも利用されているのです。

イーサリアムの画期的な特徴

イーサリアムにはブロックチェーンという技術が使われているのですが、使われ方が非常に画期的です。

ビットコインなどではブロックチェーンをただ取引内容を記録するためだけに使っています。

一方イーサリアムでは取引内容ではなく契約内容(コンストラクタ)を記録します。

例えばAさんがBさんにお金を借りたら、ブロックチェーンに『AさんがBさんにいついつにいくら貸し、いついつまでにいくら利子をつけて返す』といったことを記録できるのです。

これをスマートコンストラクタ(日本語に訳すと『賢い契約』)と呼びます。

ただ記録するだけでなく、契約を自動で履行するようなアプリ的な使い方も出来るのです。

例えばアプリ開発者(またはソフトウェア開発者)のXさんがいるとしましょう、

Xさんは自分の作ったアプリを有料で販売したいとします。

従来はアプリなどを販売するにはGooglePlayやAppStoreなどのプラットフォームが必要になります。

そして場所代として利用費を払わなければならず、アプリが売れたとしても何%かは手数料としてとられてしまいます。

このことはアプリ開発者としてはあまりいいことではありません。

しかし、イーサリアムのスマートコンストラクタを使えば『Xさんに1ETH払えばアプリをダウンロードできる』というプログラムを記述することができます。

そしてYさんはXさんに1ETH払うことでアプリを購入することができます。

つまりイーサリアムを使えば従来のように特定のプラットフォームに手数料や使用料を払うことなく自由に販売ができるのです。

これは非常に画期的なことです。

もしイーサリアムが広く普及すれば余計な手数料を払わなくて済み、なおかつ特定のプラットフォームに依存しない商売を行うことが可能です。

個人が販売のプラットフォームになれます。

これはビットコインや他の仮想通貨にはない利点です。

イーサリアムの将来

このような理由から筆者はイーサリアムに特別な可能性を感じています。

さらに現在イーサリアムは時価総額でビットコインの次に位置し、世間からの関心も高いです。

必ず将来的に成長する通貨だと考えています。

もしかしたら近い将来ビットコインを追い抜く存在になっているかもしれません。

それほどイーサリアムは可能性のある仮想通貨です。

イーサリアムの買い方

イーサリアムは仮想通貨取引所で購入可能です。

国内にも取引所は多数存在しますが、私が特におススメしているのは『ビットフライヤー』です。

セキュリティがしっかりしていて安心して取引ができます。私もよくお世話になっている取引所です。

ビットフライヤーは下記のリンクから登録できます

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今ならログインするだけでビットコインがもらえるログインボーナスも実施中です。

是非利用してください。

イーサリアムは今現在約3万円ほどの価格です。

個人的にはこの価格は格安だと思っています。

将来急成長するかもしれない通貨が今ならたったの3万円です。

今が買い時だと思います。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする