ビットコインが39万円の最高値更新 これからどうなる

皆さんこんにちは。

ビットコインの分裂騒動もとりあえずは8月中には行われなくなったという事でビットコインの価格が値上がりしています。

そして2017年8月8日に393000円の最高値をつけました。

ビットコインキャッシュの分裂などもあり価格は下がると思われていましたが、それどころかむしろ上がっています。

そしてイーサリアムやライトコインなどのアルトコインも値上がりしています。

価格上昇の原因

以下の画像はcoincheckの各仮想通貨の値段です。

coincheckの仮想通貨価格

ビットコインだけでなくイーサリアムやリップルやライトコインなど全ての通貨が値上がりしています。

やはりビットコインが調子がいいと他のアルトコインもつられて価格が上がるようです。

そして次がビットコインのここ最近のチャートです。

ビットコインの価格推移

6月の中ごろに一回最高値を333000円という最高値を記録しています。

しかし、7月ごろ具体的にいえば7月の17日ごろに暴落し、217000円を記録しました。

この暴落の原因はビットコインの分裂騒動にあります。

ビットコインが分裂するかもしれないとあってはビットコイン資産を日本円やアルトコインに移す人が大勢いたからだと思われます。

そして7月の終わりごろにはビットコインの分裂が決定的でないということが分かったので、その安堵感から価格が上昇し始めました。

さらにそれに拍車をかけるような出来事も起きました。

それがビットコインキャッシュの分裂です。

ビットコインキャッシュは中国の民間企業がビットコインをフォークさせて作ったものです。

この分裂の際に今保有しているビットコインと同量のビットコインが配布されるという期待が高まりました。

つまり1BTC持っていたとすれば資産は 1BTC + 1BCH に増えます。(BCHがビットコインキャッシュ)

これは特に何もしなくても取引所から自動的に配布されます。

その期待感からビットコインを保有する人が増え、結果的に価格がさらに上昇するという事態になります。

そして8月1日にビットコインとビットコインキャッシュに分裂し、ビットコインキャッシュの配布が行われました。

ちなみに筆者もビットコインを少しだけ持っていたので何もしなくても資産が数百円ほど増えました。

ビットコインキャッシュの分裂に賭けていた人は大儲けできたことでしょう。

当初ビットコインキャッシュの配布が終わったらビットコインの価格は下がるのではないか言われていましたが、ふたを開けてみると全然そんなことは無く、8月8日に393000円というビットコイン史上最高値をつけました。

これはやはり8月の分裂騒動がとりあえずは収まったことへの安心感があったからでしょう。

これからどうなるか

しばらくの間は最高値を更新し続けるのではないかと思います。

しかし問題は11月になってからです。

今回8月の分裂騒動は収まったと書きましたが、正確には先延ばしになっただけです。

そもそもこの分裂騒動の発端はビットコインのスケーラビリティ問題を解決するためにハードフォークしてsegwitをしなくてはならないからです。

このスケーラビリティ問題が解決しなければ恐らくビットコインは使い物にならなくなり、ほかのアルトコインなどに資金が逃げてしまう可能性があります。

これを避けるために11月にハードフォークが行われると筆者は考えています。

つまりビットコインの分裂は今は回避しましたが、どちらにせよ11月に分裂すると思います。

もし分裂しなかった場合はビットコイン自体が終焉を迎えてしまうので分裂しないという選択肢は考えにくいです。

なので11月の分裂はほぼ間違いなく起こると思って間違いないです。

そうなればまたビットコイン分裂の不安感からアルトコインに資金が流れ、ビットコインが暴落するかもしれません。

今はまだ8月ですが、11月に備えて今からいろいろ情報を集めておいた方が良いかもしれません。

このブログでも有益な情報があったら報告したいと思います。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする