bitFlyerを利用する際に気を付けたいこと

皆さんこんにちは。

仮想通貨投資をするのにビットフライヤーを使っている方は多いと思います。

国内の中でも取引量が多く、セキュリティもしっかりしているので安心して利用できる取引所です。

しかし、ビットフライヤーを利用する際はいくつか注意しなくてはならないポイントがあります。

ここではその注意点を紹介したいと思います。

まだビットフライヤーに登録していない方は下のリンクから登録できます
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ポイント1. 2段階認証を使う

2段階認証を使うのはセキュリティの基本中の基本です。

これは登録時に登録したメールアドレスを利用することでログインを2重にしてセキュリティを高める認証のことです。

設定していない人は絶対に設定することをお勧めします。

設定方法ですが、まず普通にビットフライヤーにログインし、トップ画面を表示します。

そこに次の画像のように【アカウント情報】という項目があると思いますが、その下の【2段階認証】をクリックしてください。

その画面で2段階認証の設定ができます。

2段階認証設定画面

そこで上の画像のようにどのような方法(メールかSMSか認証アプリの内から1つ)で認証コードを受け取り、どの場合に2重認証するのか設定できます。

認証コードの受け取りはメールで受け取ることをお勧めします。

また、なるべくならログインだけでなく入出金や外部アドレスの登録時などの場合も2段階認証を使った方がセキュリティが向上します。

ちなみに仮想通貨の外部送信は2段階認証が必須になっています。

ユーザー名とパスワードを入力してログインするよりも2段階認証を使った方が確実に安全に使うことができるので必ずこの設定をするようにしましょう。

するとしないでは大違いです。

ウォレットを使う

ビットフライヤーはセキュリティが他の取引所と比べてしっかりしています。

しかし、ハッキングによる盗難の被害を完全に防げるわけではありません。

そこで仮想通貨をウォレットに保存しておくことをお勧めします。

ウォレットとは仮想通貨を補完しておくための財布のようなものです。

これを通して仮想通貨を外部とやり取りすることができます。

ウォレットには次の4種類があります。

  • デスクトップ型ウォレット
  • スマホ型ウォレット
  • オンライン型ウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

ハードウェアウォレットとは仮想通貨の保管のためだけに作られたウォレットデバイスのことです。

ペーパーウォレットは紙に秘密鍵とビットコインアドレスなどを印刷することで紙面上にビットコインを保管するウォレットです。

この2つは完全にオフラインなので紛失や故障以外では仮想通貨をなくす心配がありません。

しかし、たいていの人はデスクトップ・スマホ型のウォレットを利用しています。

取引所などを利用している方は取引所のオンラインウォレットを使用していることことになります。

ビットフライヤーはセキュリティが強固ですが、万が一の場合に備えてデスクトップ型ウォレットかスマホ型ウォレットに保管しておくことをお勧めします。

仮想通貨 ウォレット】などで検索すればいくらでも情報が出てくるので皆さんに合ったウォレットを探してください。

チャットのリンクを踏まない

ビットフライヤーのトップ画面から【bitFlyer Lightning】という取引所を開けますが、そこの右下にチャットがあると思います。

そのチャットでは取引している人々が情報交換などしています。

様々な人が集まっているので有益な情報も少しはあるかもしれません。

bitFlyerLightingのチャットではhttpなどから始まるURLは自動的にリンクされてしまいます。

しかし、チャットを見るときはそのようなリンクは絶対に踏んではいけません

悪意のある誰かが個人情報を盗み出そうとして貼っているかもしれないからです。

ネット掲示板でもそうですが、誰が張ってどこに飛ぶのかも分からないリンクはクリックするのはNGです。

またチャットで発言する際にも自分の素性が分かってしまうような発言は不用意にしないようにした方が良いです。

チャットは楽しいものですが、誰が書いているか分からないので用心して使うようにしましょう。

まとめ

ここまでビットフライヤーを利用する際に注意することをまとめてみました。

とにかくハッキングなどの盗難に遭わないようにとりあえずセキュリティだけはしっかりしておきましょう。

あなたの大事な資産を守るのは他でもないあなた自身です。

その自覚をもってビットフライヤーを利用してください。それはほかの取引所でも同じです。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする