ビットコインキャッシュ配布で少し資産が増えました

皆さんこんにちは。

8月1日にハードフォークが行われ、ビットコインビットコインキャッシュの2つに分裂しました。

ビットコインキャッシュを扱う取引所も増えてきました。

その中、取引所によってはビットコインを保有している人には同量のビットコインキャッシュが配布されました。

私はビットフライヤーを使っていたのですが、ビットコインキャッシュを配布してもらえたのでその報告です。

いくら資産が増えたか

結論から言うとあまり資産は増えませんでした。

せいぜい数百円程度といったところです。

配布時に私はビットコインを0.01BTC持っていたので同量の0.01BCHがもらえました。(BCHがビットコインキャッシュを表します)

その時はビットコインキャッシュの価格が5万円程度なので大体800円ほどです。

本当はビットコインをもっと保有していても良かったのですが、アルトコインがビットコインキャッシュの影響で値下がりしていたのでそちらの方を集中的に保有していました。

今思うともう少しビットコインを持っていても良かったかなと少し後悔しています。

まあ、取引所によっては配布してくれないところもあるみたいなので配布してくれるだけでもありがたいですが…

そして貰ったビットコインキャッシュはすぐに売りました。ずっと持っていても価値はあまりないと判断したからです。

これでビットコインキャッシュの騒動も収まり、アルトコインも値上がりすることを期待しています。

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュは今後はどうなるかは全く分かりません。

そのまま価格が下降する可能性もあります。

そもそも一部の開発者が勝手にコミュニティを抜け出して作った通貨なので今後存続するかどうかも怪しいかもしれません。

さらに次のような問題点もあります。

  • ハッシュパワーが弱い
  • マイニングに時間がかかる
  • そのため中国のマイナーたちからも支持が低い

ハッシュパワーとは計算能力のことです。

このハッシュパワーが弱いとマイニングにも時間がかかってしまいます。つまり採掘スピードは遅いです。

そのためビットコインキャッシュが提案された中国でも支持は薄いです。

はっきりいってビットコインと比べて全く使い物にはなりません。

今はそれこそ5万円という高値(?)がついていますが、ビットコインよりも性能が低いという事で今後見限られてなくなるということも十分あり得ると思います。

追記 : 現在の価格は約4万円です。やはり少しずつ下がってきています。

なのでビットコインキャッシュの保有には慎重になった方がいいような気がします。

この先はビットコイン自体も怪しくなっていきそうな気もしないではないので他のアルトコインにも分散投資したほうがいいかもしれません。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする