ビットコインはなぜ詐欺と思われるのか

皆さんこんにちは。

ビットコインはよく『怪しい』、『詐欺だ』などと言われることが多いです。

しかし、それはビットコインについて知らない人々が先入観で無知な発言をしているだけです。

ビットコインは決して怪しいものではありません。

むしろこれからの経済を語る上ではかかせない存在になることは間違いありません。

なぜ怪しいと思うのかをここでは考えてみます。

ビットコインは怪しいのか

よくビットコイン円天のようなものだという人がいます。

本当にそうでしょうか。

では、円天とビットコインを比較してみましょう。

まず円天ですが、次のような特徴がありました。

  • 発行者はL&Gという健康食品販売会社
  • 発行枚数に上限はない
  • 価値を保証しているのはL&Gの支払い能力の上限
  • 発行権限はL&G

以上が円天という疑似通貨の特徴です。

一方ビットコインには次のような特徴があります。

  • 発行者はビットコインネットワーク参加者全員の合意
  • 発行枚数は2100万枚まで
  • 価値を保証しているのは発行枚数
  • 発行権限はマイナー(採掘者)にある

これだけ見ても円天とビットコインの違いがよく分かります。

円天というのはL&Gという一健康食品会社が発行している、Tポイントと同じような狭い範囲内でしか使えない疑似通貨なのです。

L&Gは一企業にすぎないので支払い能力には当然限度があります。

なので間違っても広く普及するような通貨ではありません。

一方、ビットコインの場合は発行者というものが存在せず、どこでも使うことのできる通貨です。

また、ビットコインを支払うのは特定の企業などではありません。

ビットコインのネットワークに参加する全ての人の合意が発行者になり、マイナー(採掘者)が取引を正当なものだと証明しなければ発行されません。

これは一個人の恣意で好き勝手に発行できないということです。

このようにビットコインに中央集権(企業や政府)がないというのがこの通貨の大きな特徴です。

なので国なども関係なくボーダレスに取引が行えます。

ここまで比較すると円天と比較するのがいかに見当違いかがよく分かると思います。

円天は完全なる詐欺でしたが、ビットコインは通貨として非常によくできたまさに世紀の大発明です。

詐欺だと思われる理由

詐欺だと思われるのはマウントゴックスなどの詐欺事件などがあるからかもしれません。

マウントゴックス事件とはビットコイン取引所であるマウントゴックスで115億円相当のビットコインが消失した事件です。

当初はハッカーの仕業だと思われていましたが、実際は社長がビットコインを着服していました。

この事件がビットコイン=詐欺だという認識を世間に植え付けたのでしょう。

しかし、この事件はあくまで盗まれただけでビットコイン自体に非があるわけではありません。

詐欺をしたのは人間ですし、このような詐欺事件があったからと言ってその通貨が詐欺だというのはあまりにも短絡的な考え方です。

ビットコインのこれから

これからの経済はビットコインのようなデジタル通貨抜きでは語ることはできなくなると思います。

今はその過渡期です。

なので詐欺だとか怪しいだとかいう意見が出るのかもしれません。

しかし、ビットコインが普及すれば私たちの生活はより便利で快適なものになります。

キャッシュレス化が進みクレジットカード会社に余計な手数料を払わなくて済む、とても消費者にとって優しい世界になります。

そのための通貨の代表例がビットコインなのです。

正しい認識が世の中に広まり、ビットコインが私たちの生活に普及することを望みます。


ビットコインを購入したい場合は取引所で購入することが可能です。

私のお勧めはビットフライヤーです。

以下のリンクから登録できます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内の取引所の中ではセキュリティがしっかりしていて安心して取引できます。

現在ログインするだけでビットコインがもらえるログインボーナスも実施中です。

また、最近はビットコインだけでなく、各種アルトコイン(イーサリアム、ライトコインなど)も扱っています。

仮想通貨取引をする際はぜひ利用してください。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする