ビットコインの分裂は11月に先延ばしに…

皆さんこんにちは。

ビットコインの分裂騒動のおかげでビットコインの価格が乱高下しています。

8月に分裂するなどと言われていましたが、当面はその危機は回避されたようです。

これで一安心と思ったら今度は11月に分裂するという話が浮上しています。

要は分裂回避ではなく、問題を先延ばしにしただけです。

これで安心するのはまだまだ早くこれからもビットコイン分裂の話題は絶えないと思います。

分裂騒動の原因

では、なぜ分裂するかと騒がれているかと言えばsegwitの問題があるからです。

segwitとはブロックチェーンの『ブロックサイズを圧縮することで疑似的にブロックの大きさを拡張する』というものです。

ブロックサイズを拡張するのはスケーラビリティ問題のためです。

スケーラビリティ問題とは簡単にいうと取引量がブロックサイズを超過してしまうために取引が不可能になることをいいます。

この問題を解決するにはブロックを大きくしなければならないので、そのための対策としてsegwitが実施されます。

ビットコインのsegwit

ビットコインで行われるsegwitは『SegWit2x(あるいはニューヨーク協定)』と呼ばれ、ブロックサイズを従来の1MBから2MBに拡張しようという協定です。

しかし、このSegwit2xには様々な問題があります。

それは次のような問題です。

  • ビットコインの開発の中核を担ってきたコア開発者が誰一人として同意していない
  • BIP148というSegwit推進運動が起こっているのにSegwit2xが提案された
    もともとBIP148というsegwit案がありましたが、それを阻止するかのようにSegwit2xが提案されました。
  • ニューヨークで行われた協定がビットコインのルールになってしまう
    ビットコインは比中央集権という理念がありますが、それがニューヨークという一都市で決まった協定でルールが書き換えられることで、その理念が薄れるという懸念があります。

このような問題があるのでsegwitは11月に先延ばしになりました。

このsegwitを実行するには『ハードフォーク』という新旧で互換性のないアップデートを行う必要があります。

ハードフォークが行われた場合、ハードフォークが行われる前の旧通貨と行われた後の新通貨で互換性がなくなるので結果的に分裂することになります。

ブロックサイズが拡張するsegwitが実施されるかどうかでビットコインの分裂するか否かが決まるというわけです。

ハードフォークしなければどうなるか

ビットコインの所有者としてはハードフォークがない方が望ましいですが、ビットコインの将来を考えたら避けられない問題です。

もし仮にハードフォークしない場合は取引ができなくなり、通貨としての信用が完全になくなるでしょう。

そして信用がなくなった通貨の代わりに多くの人が別の仮想通貨に乗り換えると考えられます。

遅かれ早かれビットコインはハードフォークを行う必要があります。

なので分裂はかなりの確率で起こると考えています。



この問題は技術的にかなり難しいので筆者も完全には理解していないので間違いもあるかもしれませんが、一応分かりやすいようにまとめました。

とりあえずビットコインの分裂は11月までに先延ばしされたというのは事実なようです。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする