日本人はなぜ金融を学んでこなかったのか

皆さんは学校で金融つまりお金のことについて学んだことがありますか?

筆者を含めほとんどの人は金融について学んでこなかったと思います。

なぜ日本では金融教育がなされていなのでしょうか?

実生活ではほとんど役に立たないような音楽や芸術は熱心に教えるのにもかかわらずです。

これには理由があります。

その理由も踏まえ、ここでは日本の金融教育について考えてみたいと思います。

金融教育をあえてやらない理由

金融教育はやろうと思えばすぐにでもできます。

ですが、あえてやりません。

それは政府や金融機関がお金について知識をつけてほしくないからです。

下手にお金に対する知識を教えてしまうと彼らが損をしてしまうのです。

金融について教えてしまうと政府は税金を取りにくくなり、金融機関は詐欺まがいの金融商品を売れなくなります。

だからあえて教えないのです。

このように書くと陰謀論のようにも聞こえてしまいますが、多くの人が政府からあらゆる税金を徴収され、銀行なども金融商品を売りつけ手数料で稼いでいる現状を見ればあえて教えない理由が分かると思います。

また、日本人特有の「お金儲けは汚い」または「お金は汚い」という考え方も影響しているのかもしれません。

日本人は皆平等という考え方が好きなのか、儲かっている人間を蔑む傾向があるように感じられます。

ですが、その考え方は資本主義の世の中とは相いれません。

この記事を読んでいる方にそんな考えを持つ人はいないと思いますが、もしそのような考えを持っていたとしたら人生はよくなりませんし一生お金に縛られ続ける人生を歩むことになるでしょう。

このような理由もあって金融教育は進んでいないのかもしれません。

お金が全てではありませんが、金融教育をしていればもっと多くの人が金銭的に楽になり、人生を幸福に過ごせるはずです。

ですが、実際はお金を貯める術は知っていても、お金を増やす手段については知識皆無な人が多いのが現状なのです。

一方、海外では…

では、海外では金融教育は行われているのでしょうか。

投資先進国のアメリカでは学校で株について教えることがあるそうです。

また、親が積極的に金融について子供に教えることもあると聞きました。

イギリスでは中学校のころから金融を徹底して教えています。

アメリカと異なることは金融が義務教育科目になっているところです。

金融が義務教育で学べるのは筆者のような日本人には羨ましく感じます。

このようにアメリカやイギリスのような先進国は金融を教育に取り入れている事が多いです。

まとめ

日本では金融教育がないがしろにされているように感じます。

お金に対して知識を持つことは人生を豊かにする第一条件です。

この知識を持つか持たないかで人生は大きく変わります。

金融教育の必要性を政府が認識し、人々のお金に対する考え方が変わり、誰でも金融教育が受けられるような世の中になることを願っています。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする