ビットコインにかかる税金について

皆さんこんにちは。

ビットコインなどの仮想通貨に投資・投機している方にとって税金がかかるのかどうかは気になる問題だと思います。

先に結論から言うと税金はかかります。

ここではビットコインに対していつどのような税金がかかるのか紹介します。

いつ税金がかかるのか

まず税金がかかるタイミングです。

ビットコインは保有しているだけでは税金はかかりません。

なぜならこれは金の延べ棒のような「モノ」であり、モノに税金はかからないからです。

たとえ何千万円分のビットコインを持っていたとしても税金はかかりません。

しかし、ビットコインを換金する段階で税金が発生します。

要は売るときに発生する売却益(譲渡益)が課税対象になります。

より詳しく言えば一年間で売却によって50万円以上の利益を出した場合に課税がされます。

年利益が50万円以下なら非課税になるのかと思った方もいると思いますが、その通りです。

もし売却で税金を取られたくなかったら一年間で売却するビットコインを50万円以下に抑えればいいのです。

逆に50万円以上ならどうなるでしょうか。

一概にそうだとは言えませんが、だいたい15%~55%の税金が取られると言われています。

例えば1千万円稼ぐと大体50%位の税金がかかります。

せっかく1千万稼いだのに税金だけでそれが半分になってしまいます。

だからといって税金を滞納すると遅延税までとられるので、50万以上稼いでいる方はしっかりと納税するようにしましょう。

また、売却だけでなく次の行為を行った場合も税金がかかります。

ビットコインで商品を購入・販売した場合

ご存知の通りビットコインは通貨なので商品やサービスを購入することができます。

このとき購入した時点でのビットコイン価格が入手時の価格を上回っている場合、譲渡所得または雑所得扱いになるので税金がかかると言われています。

また、購入だけでなく商品をビットコインによって販売した場合にも税金はとられます。

ビットコインをアルトコインでトレードしたとき

例えばアルトコインとのトレードによりビットコインを増やした場合、譲渡所得か雑所得になり税金をとられる場合があります。

もちろんアルトコインもモノなのでビットコインを実際に売却したり、使った場合に税金が発生すると考えられます。

ビットコインで給与を受け取った場合

ビットコインが給料の会社なんて日本にはないと思いますが、外国企業ならまだ少ないですがあるらしいです。

では、モノ扱いのビットコインを給料として貰った場合、税金がかからないかというとそうではありません。

当然給与所得として計算されるので所得税がかかります。

まとめ

ビットコインはモノ扱いですが、税金はかかります。

もしビットコインの税金で分からないことや不安なことがあったら税理士などの専門家に相談するのもいいかもしれません。

以上、ビットコインと税金についてでした。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする