投資する人向けのブロックチェーンの解説

ビットコインに興味のある方なら一度はブロックチェーン(blockchain)という単語は聞いたことがあると思います。

この概念は実はビットコインだけのものではありません。

他の仮想通貨(俗にいうアルトコイン)にも存在しています。

ここではブロックチェーンがいったい何者かという事を解説したいと思います。

簡単に説明すると…

ざっくりというとビットコインなどの取引履歴のことです。

例えばAさんがピザをビットコインで買ったとします。

するとその取引履歴はコンピュータに取引履歴として残ります。

コンピュータと言っても大規模なものではありません。

ビットコインに参加しているコンピュータに分散して取引履歴が保存されます。

その取引履歴をBさんやCさんは見ることができます。

BさんやCさんだけでなく取引履歴は世界中の誰でも見ることが可能です。

全世界の誰でも見れると書きましたが実際には次のサイトから確認可能です。

https://blockchain.info/

何分前にどれだけの取引があったのかという事を具体的に見ることができます。

そして、その取引履歴をチェーン(鎖)のようにつなげたものをブロックチェーンと呼びます。

チェーンのようにつなげることで世界中のすべての取引を記憶することが可能です。

ビットコイン トレードグランプリ

ブロックチェーンのメリットとは

では、取引履歴を鎖のようにつなげることに何のメリットがあるかというと、それは「データの改ざんが容易に行えなくなる」ということです。

今までの普通の通貨(日本円など)の取引を考えてみましょう。

日本円などで取引する場合は必ず第三者(クレジット会社などの金融機関)などを仲介役にはさまなくてはなりません。

盲目的に金融機関は信用できると思ってしまいがちですが、不正な取引でも見逃してしまう場合もあります。

しかし、ブロックチェーンなら全世界の誰もが取引を見れるのでもし不正な取引があったとしても見つけやすくなります。

また、悪意のある誰かが自分の持っているビットコインなどの量を改ざんしようとしても、ブロックチェーンの仕組みによってそれは見破られてしまいます。

なぜ見破られるかというのはハッシュ値が関係しているのですが、詳しくはこちらの方のブログなどをご覧ください。

このようにブロックチェーンを使えばデータの改ざんが非常に難しくなるので、通貨の安全性が保たれるというわけです。

まとめ

  • 取引履歴を全世界のコンピューターに残して、それを鎖のようにつなげたのがブロックチェーン
  • ブロックチェーンによってデータの改ざんが非常に難しくなる

ブロックチェーンの特徴をまとめるとこのようになります。

ビットコインなどの仮想通貨というと高騰したり急落したりなどがよく話題になりますが、仮想通貨の仕組みについても良く知っておく必要があると思います。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする