ビットコインの値段は上昇し続けるのか? 予想します

ビットコインに投資している皆さん(私も含めて)が最も気になることはビットコインがこれからも上昇し続けるのかという事だと思います。

確かにビットコインは投資の対象としてとても魅力的です。

これからもビットコインに投資する人はもっと増えるでしょう。

なぜならもしこのままビットコイン価格が伸び続けてくれれば資産を2倍、あわよくば3倍以上にも増やすことが可能だからです。

ここではビットコイン価格が将来的にどうなるのか少し予想してみたいと思います。

ビットコイン価格を決める要因

現在(2017年5月18日)のビットコイン価格は約21万9000円です。

その6日前の2017年5月12日の価格はおよそ21万4000円ほどでした。

6日間ほどで5000円ほど値上がりしています。

もちろんこの過程で価格が20万円近くまで落ちたことはあります。

しかし、何度も落ちては上昇を繰り返し、長期的にみるとビットコインの価格は上昇したと言えます。

では、このビットコインの価格を決めている要因は何なのでしょうか?

その要因を次に紹介します。

要因1. 需要と供給

価格が高騰するのはビットコインだけではなく、株式なども価格が変動します。

一般的に株価というのは企業の業績によって変動します。

一方ビットコインなどの仮想通貨には業績は存在しません。

あるのは「需要」のみです。

単純に重要があれば価格が上昇し、なければ下がります。

買いたいという人が多くなればなるほど価格も上昇していきます。

最近はTVCMなどでビットコインが取り上げられることがあったので、これから買いたいという人はさらに増えるかもしれません。

これが価格を決める要因の1つめです。

要因2. 人民元の動き

ビットコインと人民元の動きには相関があると言われています。

なぜならビットコインの取引量が最も多い国は中国だからです。

なんで中国なのと思う人もいると思いますが、それには次のような理由があります。

中国ではビットコインが富裕層や投資家が海外に資産を移すための道具として利用されています。

現金を直接海外に移そうとすると煩雑な手続きを踏まなくてはいけませんが、ビットコインならその手続きなしですぐに資産を移すことができます。

そのため中国ではビットコインが重宝されているのです。

そしてこれをよく思わない中国当局がビットコインを規制し、人民元の下落に歯止めをかけようとします。

そのような規制が起きるとビットコインの価格が大幅に下がるというわけです。

このような事情があるために人民元の値動きはビットコインに関係があると言えます。

本来国境を持たないボーダレスな通貨が一国の事情により価格が変動してしまうのは仮想通貨の欠点なのかもしれません。

予想

今まで紹介した他にも要因はあるでしょうが、主要因はこの2つだと考えられます。

この2つからビットコインの価格を予想するとどうなるでしょうか。

まず1つめの要因ですが、ビットコインを欲しがる人間はこれからどんどん多くなっていくので値段はますます上昇していくと考えられます。

しかし、ある程度価格が上昇すると今度は欲しがる人間が少なくなるので価格は落ち着いてくるのではないでしょうか。

ただ、2017年に価格の上昇がストップすることは無いと思われます。

次に2つめの要因の中国の人民元の動向ですが、これまでも人民元の上昇でビットコイン価格が急落するという事はありました。

最近では2017年の1月に人民元上昇によりパニック売りが起こりビットコインが急落することがありました。

なのでそのような事態がこれから起こる可能性があるので十分注意するべきだと思います。

総括すると「長期的には上がるが、短期的に大暴落するリスクもある」というのが正しいのではないでしょうか。

しかし、ビットコインは買っておいて損はないと思います。

ただし、ビットコインに全財産をつぎ込むなどの無茶な投資法はしてはいけません。

あくまで自分の余剰資金で投資を楽しむようにしましょう。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする