3分で読めるビットコインの歴史

ビットコインが世に出てから久しいですが、意外とその歴史については知られていないように思います。

ビットコインに投資するならその歴史を学ぶこともヒントになるかもしれません。

そこでここではビットコインの歴史について簡単にまとめてみました。興味のある方は是非お読みください。

黎明期 : ビットコインの誕生

ビットコインは中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物が2008年10月にインターネットの掲示板(日本でいうところの2ch)に論文を投稿して、提唱されたものです。

その3か月後の2009年1月になるとビットコインが開発され、2010年5月22日に最初のビットコインの取引が行われました。

その時はビットコインとピザ2枚が取引されました。

今では考えられないですが、当時は1ビットコイン1セントだったのでピザ2枚に1万ビットコイン(!)が払われたようです。

その取引があった5月22日を記念してその日は「ビットコインピザの日(Bitcoin Pizza Day)」と呼ばれています。

この当時にビットコインを購入した人々は今では億万長者です。

仮に1ビットコインが20円の時に5000ビットコイン買っていたとしたら、現在の価値では10億2000万円ほどの価値になります。(2017年5月13日現在)

羨ましいですね(笑)。

発展期 : 価格の上昇と事件

ビットコインは発行上限枚数が2100万ビットコインと決められています。これ以上は発行されません。

そしてマイニングでも4年ごとに発掘できる量は半分になっていきます。

そのため年々希少になっていくため価値が上がります。

2011年には1ビットコインの価格が0.3ドルから32ドルにまで上昇しました。

さらに価格上昇に拍車をかけるような事件も起きます。

その1つがキプロス金融危機です。

キプロスでは2012年から2013年の間に預金封鎖が行われ、預金者の預金を引き出せなくなるという事態が起きていました。

そこで注目されたのが仮想通貨つまりビットコインです。

ビットコインは政府などの干渉を受けないので、銀行が閉鎖されてもビットコインを使うことができ、ビットコイン専用のATMで現金を引き出すことができたのです。

もちろん事前にビットコインを買っていればの話しですが、一部の人たちは助かりました。

これを受けビットコインの価値が一時266ドルに達しました。

その一方でビットコインのイメージを下げるような事件も起きています。

それは2014年に起きた仮想通貨取引所のマウントゴックスの破綻です。

なぜ破綻したかというとマウントゴックスが65万ビットコインと28億円をハッキングを受けて消失したからです。

というのは嘘で実際はハッキングの可能性よりも代表が横領していた可能性がが高いそうです。

この事件によりビットコインは怪しいというイメージが広がってしまいました。

しかし、この事件が起きた後もビットコインの取引は続けられています。

あくまで問題を起こしたのはビットコインというシステムではなくマウントゴックスだからです。

なのでこの事件が心象に与える影響は大きいかもしれませんが、ビットコインの価値にダメージを与えることは少なかったようです。

現在 : これからどうなるのか

では、これからビットコインはどうなっていくのでしょうか。

現在ビットコインの取引額1位はなんと中国です。

なぜ中国がこんなに保有しているかというと中国の富裕層が現金を海外に送るためす。

現金そのものを外に出そうとすると中国当局の煩雑な手続きが踏まなくてはなりませんが、ビットコインを使えばその規制をすり抜けることができるのです。

そのため中国ではビットコインが好まれています。

このように現在のビットコインを動向を知るには中国の動向を知っておくのも1つの手だと思います。

もちろん要因は中国だけでなく複数あるので、ビットコインに関するニュースを毎日見るというのは大切なことです。

ビットコインの価格は現在20万円(2017年5月13日現在)ほどですが、これが将来どうなるかは専門家の間でも意見が分かれています。

専門家による予想によると2018年までに1ビットコイン3000ドル(約35万280円)などの予想があります。

中には3万5000ドル(約409万円)というとんでもない予想をしている専門家もいるようです。

専門家でもこんなに意見が分かれるのでビットコインの価値を予測することはとても難しいと言えます。

しかし、ビットコインはこれから私たちの生活に切って離せなくなる存在になるかもしれません。

短期的に見れば価値が下がることはあるかもしれませんが、長期的には上がっていく確率が高いのではないかと個人的には考えています。

以上、ビットコインの歴史について紹介しました。では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする