bitFlyer(ビットフライヤー)への登録方法

ここではbitFlyerのアカウントクラスの内、トレードクラスに登録するための手順を紹介します。

なぜトレードクラスになるのかというと、bitFlyerで基本的な操作(ビットコインの購入・預入送付・日本円の入出金・etc…)がすべてできるからです。

また、もう1つランクが上のアカウントにファーストクラスがありますが、これは招待されなければ使えないのでここでは紹介しません。

アカウントクラスについて詳しくはbitFlyerのアカウントクラスに関する説明を参照してください。

bitFlyerへの登録

まずbitFlyer自体のアカウントを作ります。

以下のリンクからbitFlyerにアクセスしてメールアドレスとパスワードを設定してください。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そのアカウントでログインすると登録したメールアドレスにメールが届きます。

bitFlyerにはこれだけで登録できますが、アカウントクラスはまだスタンバイクラスです。

この状態だとビットコインの預け入れと送付しかできません。

そこで次にアカウントクラスをトレードクラスにするための手順を紹介します。

ビジネスクラスへの登録

トレードクラスへの登録には以下の情報を登録する必要があります。

  • 本人情報
  • 銀行口座
  • 本人確認書類(任意)

この3つです。

本人情報と銀行口座の登録でプレミアムエコノミーになれます。

さらに本人確認書類を提出すると一日の最大取引量が 5万円/日 から 500万円/日 に増え、ビジネスクラスになります。

その1.本人情報の登録

まず、本人情報を登録します。登録を求められる情報は主に次のようなものです。

  • 名前
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 国籍、住所
  • 電話番号

これはただ事実通りに記入するだけでOKです。

しかし、本人情報を登録しただけではビットコインの売買はできません。

銀行口座と本人確認書類の登録が必要になります。

その2.銀行口座の登録

次に日本円の入出金に使う銀行口座を登録します。

登録ページには下の画面の「銀行口座情報確認」から進めます。

そのページに進むと銀行口座の選択画面が出てきます。

そこで三井住友などの銀行口座を選び、次のように必要な情報を入力してください。

銀行口座名義ですが、半角カタカナでなく全角カタカナで記入した方が良いみたいです。

そして登録情報を確認して口座を登録すると1~3日くらいで口座の登録が完了します。

筆者の場合は日曜日に登録しましたが、翌日には既に登録済みになっていました。

これでアカウントクラスがプレミアムエコノミーになります。

その3.本人確認書類の提出

いよいよ最後の段階です。最後は本人確認書類を提出します。

本人確認書類に使える書類は次の通りです。

  • 免許書(裏と表両方)
  • パスポート(顔写真と住所記載ページ)
  • 住民票
  • 顔写真付き住民基本台帳カード(裏面と表面)
  • マイナンバーカード(表面)

筆者の場合は携帯で住民票の写しを写メってそれをフォームに添付して送信しました。

一般的には顔写真付きの証明書の方が良いのかもしれませんが、免許もパスポートも持っていないという人は住民票だけでも十分だと思います。

これで数日待って本人確認が取れれば晴れてトレードクラスに昇格です。

おめでとうございます

あとは好きなようにビットコインを買ったり、売ったりできます。

さらにビジネスクラスなら売買だけではなく、FXなどのさらにハイリスクハイリターンな取引も可能です。

存分にビットコイン生活を楽しんでください!

ただし…
その過程で出る損益は全て「あなた自身」にかかっていることを忘れてはいけません。

そのことを肝に銘じておきましょう。

では、また。

取引所比較エリアの出力関数
国内の仮想通貨取引所の比較
Zaifスプレッド(取引手数料)が低いのが特徴です。また他の取引所では買えないペペキャッシュやXCPなどのトークンも多く扱っているのでトークン購入ならここがおススメです。

取扱い主要通貨 : ビットコイン, イーサリアム, ネム, モナコイン, 各種トークン

この記事をシェアする

フォローする